美容整形の失敗例とは?!整形で後悔しないためには

最終更新日:
美容整形の失敗例とは?!整形で後悔しないためには

不細工だった主人公が、整形して生まれ変わって、素敵な王子様と結婚・・・!

 

最近は美容整形を題材にしたドラマや映画も増えてきましたね。

 

「私も整形して、バラ色の人生を歩みたい・・・!」

そんなシンデレラストーリーを夢見ている女性も少なくないのではないでしょうか?

 

しかし、美容整形は良いことばかりではありません。

整形を受ける人が増加しているのと同時に、失敗している人が増えているのも事実です。

 

後悔してもしきれない、「整形失敗」

本日は、そんな美容整形の失敗についてフォーカスし、知識を深めていきたいと思います。

ひと昔前より身近になってきた美容整形

ひと昔前、約10~20年ほど前までは、美容整形というと「悪」ととらえられることが多かったかもしれませんね。

 

美容整形に対して「親からもらった大事な体に傷をつけるなんて!」という批判が多かったように思います。

 

しかしここ最近、整形に対して徐々にパラダイムシフトが起こってきています。

 

費用が安くなったことにより、美容整形がより身近なものに。

昔は整形に対する後ろめたさが強かったため、整形したことを隠す人がほとんどでしたが、最近はかなりオープンになってきました。

 

SNSなどで美容整形したことを告白している芸能人、モデル、女優、YouTuberなどを多く見かけますよね。

 

美容整形に対する罪の意識はかなり薄くなってきて、「親からもらった大事な体だからこそ、キレイに整えるべき」という考え方もされるようになってきました。

 

それほど、整形に対する心理的な壁が薄くなってきたのです。

 

良いことばかりじゃない!美容整形のデメリットとは?

「美容整形をすれば、モデルさんのように美人になって、男性にモテモテになっちゃうかも!そしていつか素敵な王子様と結婚・・・!」

 

美容整形について考えると、やっぱり夢が膨らんでしまいますよね。

 

しかし、美容整形は魔法ではありません。

顔にメスを入れるということは、それなりのデメリットが伴います。

 

では、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?

デメリット(1)整形したからといって美人になれるわけではない

まず、これだけは忘れてはいけないのが、

「整形をしたからといって、美人になれるわけではない」ということ。

 

美人というのは、絶妙なバランスによってできています。

「目を大きくすれば美人になれる」「鼻を高くすれば美人になれる」といったシンプルなものではないのです。

 

「女優さんと同じようなパッチリとした二重にしたのに、どうもしっくりこない・・・」という場合は、あなたの顔にその目が似合っていない可能性があります。

 

つまり、本当にキレイになりたければ、顔全体のバランスを考えて、どういった形にするのがベストなのか、よーく考える必要があるということです。

 

安易に女優さんやモデルさんと同じような形にしてしまうことで、全体のバランスが崩れてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

デメリット(2)満足のいく仕上がりにならないこともある

言葉で自分のイメージを伝えるのは、とっても難しいもの。

 

もし仮に「私はこんな形の鼻にしたい!」という理想像がハッキリしていたとしても、それを医師に的確に伝えることができなければ、思ったような仕上がりにならないこともあります。

 

たとえ先生から見たら完璧だったとしても、自分から見たらイマイチ・・・ということだってあり得ます。

 

また、もし仮に言葉で的確に伝えられたとしても、完璧にあなたの望むような形になるとは限りません。

やはり美容整形は魔法ではないので、技術的にも完全に思い通りにすることは難しいのです。

デメリット(3)流行の顔は移ろいやすい

意外と忘れがちなのが、「顔」というものには流行があり、美の基準も国や時代によって移り変わるということ。

 

そのため、もし整形で成功して美しい顔を手に入れたとしても、しばらく年月が経つと「イマイチ」と思われてしまう可能性だってあるわけです。

 

分かりやすい例でいうと、「目」

 

ひと昔前までは、二重幅が広く、欧米の人形のようにパッチリとした目が流行でした。

しかし、近年はナチュラルな顔が好まれる傾向が強くなってきており、以前ほどのデカ目は流行らなくなってきています。

どちらかというと、二重幅が広すぎない、自然な目が流行しているように思われます。

 

他にも、「アヒル口」「涙袋」「八重歯」などなど、日本には独自の流行がありますが、これらだって欧米圏の美意識からすると異質に思われることもあります。

 

たとえば、「涙袋」はクマ・目の下のたるみと混合されがちで、「老け顔」の象徴とされていますし、「八重歯」に関しては、ヴァンパイアや魔女などを連想させるため敬遠されます。

 

このように、国や地域によっても美意識というのは大きく異なるのです。

 

日本においても、涙袋や八重歯がいつまで流行するのかは分かりません。

いつかは廃れてしまう可能性もあります。

 

美容整形をする際は、「美の基準というものは絶対的なものではなく、移り変わるものだ」ということを頭の片隅に入れておきましょう。

デメリット(4)失敗することもある

「思った仕上がりと違う」「なんだかしっくりこない」というレベルではなく、がっつり失敗してしまう可能性だってあり得ます。

 

顔を変化させるということは、それなりのリスクが伴う行為。

 

「鼻がはれ上がってしまった」

「左右非対称になってしまった」

「人相が変わってしまった」

 

など、思わぬ失敗に見舞われてしまうことだってあります。

 

もし仮に医師側に落ち度はなく、完璧な手術を行ってもらったとしても、顔に異物をいれることで体質によっては拒絶反応が起こってしまう可能性もあるのです。

 

完全に防ぐことは難しいですが、まず「信頼できる医師に依頼する」ことが何よりも重要です。

どんな失敗が考えられる?

どんな失敗が考えられる?

美容整形を検討する際に考慮にいれなくてはいけない「失敗のリスク」

とはいえ、実際にどのような失敗が起こりうるかなんて、素人からは想像もつきませんよね。

 

美容整形の広告やホームページには良いことしか書いていないので、考えられるリスクについて、自分から積極的に調べておく必要があります。

 

予めよく知っておけば、失敗のリスクを最小限に減らすことができます。

 

ここからは、人気な美容整形メニューで、どのような失敗があり得るのかをご紹介したいと思います。

 

可能性は低いかもしれませんが、以下のような失敗が起きてしまうリスクもあります。

 

(1)二重術

・二重のラインが不自然でなめらかじゃない

 

・まぶたに傷跡が残った

 

眠たそうな目になった

 

キツい目になってしまった

 

・二重ラインからまつげまでがぷっくりとしていて、縛ったハムのようになっている

 

・まぶたがぴくぴくする

 

・目を閉じると時にしこりがある

 

食い込みが弱い or 強い

 

視覚異常(視力の低下、光がまぶしい等)

(2)目頭切開

左右非対称になった

 

・目が近づきすぎてしまった

 

傷跡が目立つ

 

粘膜がむき出しになってしまった

 

三白眼になってしまった

 

・目頭の皮膚がくぼんでしまった

(3)ヒアルロン酸注入

・膿が溜まってはれ上がった

 

・注入した部分がボコボコになった

 

・鼻に注入したら小鼻に流れて団子鼻になった

 

・鼻に注入したら太くなって「アバター」のようになってしまった

 

・ハリが出すぎて不自然になった

(4)ボトックス注射

・打つ筋肉を間違え、表情が作りづらくなった

 

・口元が下がってしまった

 

内出血が起こった

 

重たさ腫れぼったさが残ってしまった

 

・まぶたが開きにくくなった

 

このように、「リスクが低い」「簡単にできる」と言われているメニューでさえ、リスクというものは存在します。

 

しかも、上記はほんの一例。予想もしていなかったような失敗に見舞われてしまうこともあるのです。

 

もちろん、多くの場合は成功すると思われますが、危険性があるということは頭の片隅においておきましょう。

どうすれば失敗を防げる?

さて、一番気になるのは、「どうすれば失敗を防げるのか」ということですよね。

美容整形で満足のいく仕上がりにするためには、どうすればよいのでしょうか?

 

まず大切なのは、「セカンドオピニオン」

美容整形を受ける際は、簡単にクリニックを決めてしまうのではなく、いくつかの病院をまわって「この先生なら信頼できる」という医師を探すことです。

一生を左右する顔を預けるのですから、「安いから」「通いやすいから」などという単純な理由で決めてしまうのは避けましょう。

 

また、「自分ビジョンを明確にする」ということも大切です。

「このような形状にしたい」という目標をしっかりと明確にして、医師に伝えてみましょう。

そうすることで「思っていたのと違う」となってしまう可能性が低くなります。

その際、イラストなどを描くと医師にイメージが伝わりやすくなるのでおすすめです。

 

さらに、「欲張りすぎない」というのも重要なポイントです。

 

「鼻をもっと高くしたいから一杯ヒアルロン酸を注入しよう。」

「目をパッチリさせたいから二重幅は広くしておこう。」

 

というように欲張りすぎてしまうと、逆にいびつな形になってしまうこともあります。

「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」とはよく言ったものです。

美容整形においてもあまり欲張りすぎないようにしましょう。

 

また、もうひとつオススメなのは、「口コミ」をよく調べるということ。

最近は美容整形の口コミを投稿・閲覧することができる便利なアプリやサイトがあるので、受ける前にそういった情報を集めておくのが良いかもしれません。

 

下記のようなアプリ・サイトで口コミが閲覧できるので、ご参考にしてみてください。

 

・トリビュー https://tribeau.jp/

・みん評 https://minhyo.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は「美容整形失敗のリスク」についてお話ししました。

 

美容整形をするということは、自分の顔を預けるということだということをよく覚えておきましょう。

 

クリニック選びを慎重に行い、医師とのコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。

 

危機管理をしっかりと行い、本当の理想の顔を手に入れたいですね。

 

<参考URL>

・美容外科メディクス http://www.biyougeka-medix.jp/trouble.html

・ViVi保健室 https://www.vivi.tv/post5675/

 

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY