美白化粧品でも治せない…そんな肌の黒ずみの救世主!ホワイトニングレーザーとは?

最終更新日:
美白化粧品でも治せない…そんな肌の黒ずみの救世主!ホワイトニングレーザーとは?

夏は肌の露出が増えて、色々と気になることが増える季節です。夏の肌の悩みといえば「ムダ毛」や「シミ・そばかす」が一番に思い浮かぶかもしれませんが、実は「肌の黒ずみ」で悩んでいる人も多いのです。

肌の黒ずみは「ワキ」だけではなく、「ヒジ・ヒザ」「ビキニライン」など体の様々な部位にみられます。

「長期間美白化粧品を使ってみたけれど、いまいち効果が現れない」。そんな方にはクリニックに頼ってみるのも良いかもしれません。今は黒ずみも「治療」出来るの時代なのです。

そもそも、肌の黒ずみって何?

肌の黒ずみと言われるものは「色素沈着」というものです。色素沈着とは、文字通り、メラニンという色素が、皮膚の奥や表面に沈着してしまうことを言います。メラニンが皮膚の内部で沈着してしまうと、その沈着部分の深さによって、肌が茶色く見えたり黒っぽく見えたりてしまうのです。

メラニンが生成される原因は?

では、なぜメラニンは生成されてしまうのでしょうか。

メラニン色素は皮膚の表面にあるメラノサイトという細胞から分泌されるもので、肌への刺激に対して防御反応として分泌されます。

日常的な刺激としては、紫外線を浴びること下着などの締め付けなどによる摩擦脱毛による刺激などからくる炎症があげられます。

なぜメラニンが「沈着」してしまうの?

通常の場合、肌にはターンオーバーという生まれ変わりの機能があります。健康な肌の場合、皮膚の古い細胞は表面に押し出され、垢や古い角質として剥がれて行きますから、皮膚に分泌されてしまったメラニン色素も沈着する前に押し出されて剥がれてしまいます。

例えば、夏の海で日焼けして肌が黒くなってしまった場合でも、冬にはまた白く戻っているというのはこのターンオーバーの結果です。

しかし、このターンオーバーがうまくいかなくなると、メラニン色素はいつまでたっても排出されず、皮膚の内部に残ってしまい、黒ずみの原因となってしまいます。

ターンオーバーが乱れる理由とは?

ターンオーバーが乱れる原因は様々です。

 

寝不足や無理なダイエットなど、生活習慣・食習慣の乱れによるものや、タバコ・アルコールなどが原因となっている場合もあります。

また、ストレスによるものもあれば、冷え性や運動不足などから来る血行不良が起こすものもあります。

さらに、加齢などによるホルモンバランスの変化からもターンオーバーの乱れは起こります。

 

これに加えて、「外的な刺激を断続的に与えている」ということも大きな原因の一つと言えるでしょう。

下着による締め付けや、脱毛による刺激、また入浴の際にナイロン製のボディタオルで強く擦るなどがこれにあたり、日々の習慣となっているものが原因となっているかもしれません。

掲載日:

CATEGORY