憧れるのは美しい胸。自宅で簡単にできるバストケアと美乳習慣

最終更新日:
憧れるのは美しい胸。自宅で簡単にできるバストケアと美乳習慣

「あれ?なんだか最近、バストが下がってきたような気がする。」など、加齢と共に胸が垂れてきたと感じている方もいるのではないでしょうか。

何歳になってもふっくらと柔らかそうで丸みとハリのある「美しい胸」をキープし続けたいですよね。

今回は、普段の生活のなかで少し気にするだけでできちゃう、簡単なバストケアをご紹介します。

なぜ垂れるの?

加齢とともに…と言いますが、なぜ年齢を重ねると胸は垂れてしまうのでしょうか。

その理由は胸を支えている結合組織であるクーパー靭帯が加齢とともにのびてしまうことにあります。

加齢のほかにも思春期や成長期、授乳期に胸が大きくなるのとあわせて、胸を支えるクーパー靭帯も伸びていきます。

コラーゲンを主成分としているクーパー靭帯は、なんとも悲しい事に一度伸びると縮むことはないのだそうです。そして胸を支えられなくなってしまった結果、胸は垂れてしまうのです。

 

伸びてしまっては縮むことのない、クーパー靭帯。それだけが原因なのでしょうか。

垂れてしまう、ハリをうしなってしまう原因をいくつかみてみましょう。

エストロゲンの低下

卵巣で分泌されるエストロゲンは女性らしい身体をつくるうえでとても重要となる女性ホルモンです。

エストロゲンが低下することでハリが失われて垂れる原因になります。

加齢だけではなく、生活習慣の乱れやストレスなどによっても女性ホルモンが乱れ、エストロゲンの分泌が減ってしまいます。

姿勢

猫背になってしまうと、大胸筋が衰えてしまい垂れる原因になります。また、姿勢が悪いと血行もリンパの流れも悪くなってしまいます。

背筋をピンと伸ばし、正しい姿勢を気を付けましょう。

生活習慣

睡眠や食生活、運動などの生活習慣も影響します。

無理なダイエットや仕事で忙しいなどで食事が偏ってしまうと、必要な栄養が摂取できず、ホルモンバランスが乱れます。垂れる、ハリがなくなるという胸への影響だけではなく、体調がすぐれない、肌があれる、など様々な影響がでてしまいます。

また、睡眠も同じく、質の良い睡眠がとれない状態が続くことで体への不調もでてきてしまいます。

ブラジャー選び

正しいブラジャーを選ぶこともとても大切です。

締め付け感が嫌いだからと言って、サイズの大きいブラジャーを選んでいませんか?

大きいサイズのブラジャーをつけることで胸が横へと流れてしまい、垂れる原因になります。

また、家や就寝時にはブラジャーをつけない、という方もいるかと思いますが、実はそれも危険。下へ下へと胸の重力で垂れてしまいますし、寝ているときには横に流れてしまいます。

他には小さすぎるサイズのブラジャーチューブトップなどは胸を押さえつけてしまうので形が崩れる原因になります。

掲載日:

CATEGORY