身体にできるイボの種類とそれぞれの予防・対処法についてご紹介

最終更新日:
身体にできるイボの種類とそれぞれの予防・対処法についてご紹介

身体にできるイボは、種類によって原因や特徴などに違いがあります。しかし表面を見ただけでは、どのようなイボなのかわからないものですよね。

 

「増えたらどうしよう」「このまま治らなかったらどうしよう」と不安に感じる人も多いでしょう。

 

そこでイボについて、種類ごとに考えられる原因や特徴などをわかりやすくご紹介します。予防を行うためにも内容を最後までチェックしてみてください。

身体にできるイボの種類

身体にできるイボの種類

身体にできるイボの種類は大きく分けると以下の2つです。さらにそこからさまざまな種類に分かれており、特徴に違いがあります。

 

・ウイルス性のイボ

・紫外線や加齢によるイボ

 

それぞれについて特徴や原因を見ていきましょう。

ウイルス性のイボ

ウイルス性のイボは、傷口からウイルスが入り込むことによって皮膚感染して発症します。患部を触ってしまうと、別な場所にも接触感染で広がる可能性があるため注意が必要です。

ウイルス性のイボには潜伏期間があります。

 

尋常性疣贅や伝染性軟属腫は、アトピー性皮膚炎の子どもに多いといわれています。かいてしまうと、そこからまた感染して増える可能性があるので気をつけましょう。

ウイルス性のイボの予防・対処方法

ウイルス性のイボは、自然治癒する可能性があります。予防と対策でのカギとなるのが、身体の免疫力です。免疫力が高いと予防につながり、自然治癒も見込めます。

 

しかし小さな子どもであれば、大人と比較すると免疫力が未熟です。大人でも疲労やストレスが溜まっていると、免疫力が下がって治りにくくなります。高齢者も、若い世代と比較すると免疫力は低めです。

 

ウイルス性のイボが出たときは、なるべく免疫力を高めるよう意識しましょう。なおウイルス性のイボは、家族に感染する可能性もあります。イボができたと気づいたら、タオルは家族との共有を避けるのがおすすめです。

紫外線や加齢によるイボ

脂漏性角化症・軟性線維腫などは、紫外線や加齢などが原因で発症するといわれています。自然治癒が難しく、飲み薬や塗り薬も市販されていません。

脂漏性角化症とは、一般的に「老人性イボ」と呼ばれているものです。通常は、長年浴び続けていた紫外線が原因で出現するといわれています。特に顔や手などのように、紫外線があたりやすい場所にできるのが老人性イボです。

 

軟性線維腫は1~3ミリ程度と比較的小さめで柔らかいという特徴があります。ただし小さくても皮膚から飛び出しているため、他のイボより目立つと感じるかもしれません。脂漏性角化症とは違い摩擦によって生じる可能性もあります。

紫外線や加齢によるイボの予防・対処方法

脂漏性角化症・軟性線維腫の予防で重要になるのが紫外線対策です。

 

どちらのイボも、紫外線が原因となって発生する可能性があります。そのため普段からこまめに日焼け止めを使って、紫外線対策を徹底しましょう。

 

加齢を止めるのは難しくても、日焼け対策なら毎日の生活に取り入れられます。

 

顔・手など外から見える部分にイボができてしまうと気になるでしょう。イボができないよう、日ごろから意識して紫外線対策を行うようにするのがおすすめの予防法です。

イボを見つけたら皮膚科の受診がおすすめ

イボを見つけたら皮膚科の受診がおすすめ

もし身体にイボを見つけたら、なるべく早めに皮膚科を受診するのがおすすめです。

 

ウイルス性のイボであれば、触ることによって増えたり家族に移ったりするリスクがあります。免疫力により自然治癒する可能性はあるものの、早めに治療をすると安心です。

 

紫外線や加齢が原因で発症したイボを除去するには、病院での手術や治療などが必要になります。イボの除去では、液体窒素による凍結療法や、レーザー治療などを行うのが一般的です。

 

原因を特定して適切な対処をするためにも、まずは皮膚科で医師による診断を受けましょう。

まとめ

イボは大きく分けると、ウイルス性のイボ・加齢や紫外線によるイボの2種類があります。原因やできる場所によって、さらに細かく種類が分かれます。

 

ウイルス性のイボは免疫力によって完治する可能性があるものの、感染性があるため注意しましょう。加齢や紫外線によるイボを除去したいと考えているのなら、皮膚科での手術や治療が必要です。

 

外から見える場所にイボができてしまうと、どうしても気になってしまうでしょう。気になるからと触ってしまうとウイルス性のイボなら増えてしまう可能性がありますので注意してください。

 

イボができたら原因を特定したうえで適切な対処をするのが大切です。イボを見つけたら、なるべく早い段階で皮膚科を受診してみてくださいね。

掲載日:

CATEGORY