匂いコンプレックスはきっと解消できる。部位別の原因と対処法

最終更新日:
匂いコンプレックスはきっと解消できる。部位別の原因と対処法

自身の匂いに配慮することは、私たちが当たり前にしているエチケットのひとつ。ですが中には、どんなにケアを行ってもなかなか匂いのとれない箇所がありますよね。特に「デリケートゾーン」「ワキガ」「足」の匂いは、女性がもっとも気にするのではないでしょうか。

この記事ではそれぞれが匂いを発する原因や、その対処法について解説していきます。

匂いコンプレックスは解消できる?

匂いコンプレックスは、気にし始めると日常生活に支障をきたしてしまいます。そんな匂いコンプレックスですが、部位や原因によっては自力で対処が可能です。

匂いが発生するメカニズムや原因について知ることで、正しいケアを知っていきましょう。

デリケートゾーンの匂いコンプレックス対処法

女性が特に気にしがちな「デリケートゾーン」の匂い。匂いの不快感については本人はもちろん、パートナーとの関係にも暗い影を落とします。自分に自信をもつためにも、デリケートゾーンの匂いが発生する原因や、その対処法について知りましょう。

デリケートゾーンの匂いは、洗いすぎが原因?

デリケートゾーンの匂いの原因のひとつに挙げられるのが、ずばり「洗いすぎ」。デリケートゾーンは、身体の他の部位と同じようにボディソープでゴシゴシ洗うのは逆効果です。

 

なぜかというと、デリケートゾーンは肌とはちがう「粘膜」だから。そのためボディソープで洗うと良い菌や潤いまで洗い流されて、雑菌に弱くなってしまいます。

 

またおりものシートを長時間交換しなかったり、洗浄便座で頻繁に洗うことも、匂いが発生する原因になりえます。

 

清潔に保ちつつも洗いすぎには気をつけ、やさしいケアを心がけましょう。

またあまりに匂いがきつい場合は、細菌性腟炎の可能性もあります。産婦人科で相談するなど、プロの意見もしっかり聞くようにしましょう。

自己判断だけでは誤った判断をしてしまう可能性も大いに考えられるので注意しましょうね。

デリケートゾーンの匂いをなくすためには

前述のとおりデリケートゾーンは刺激に弱く、繊細です。本来なら水洗いで十分な箇所。気になる場合は膣内の酸性に近いpHのものや、弱酸性のものなど、デリケートゾーン専用の石鹸を使い、強い刺激を与えないようにしましょう。

 

石鹸を使って丁寧に泡立て、手が直接触れないくらいの優しさで洗うのが鉄則。とにかくゴシゴシと洗うのは禁物です。

 

また通気性の良い下着を着用したり、おりものシートをこまめに付け替え清潔な状態を保つことも効果的。

 

丁寧なケアが、デリケートゾーンの匂いコンプレックス解消への近道です。

ワキガコンプレックス対処法

ワキガコンプレックス対処法

ワキガとは、ワキから発せられる匂いのこと。医学的には「腋臭症」「アポクリン臭汗症」と呼ばれています。ワキガをそのままにしても、体調を害することはありませんが、強烈なワキガは対人関係に悪影響を及ぼします。

 

適切な対処法を知って、改善してゆきましょう。

ワキガの原因は遺伝?生活習慣の乱れも影響

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗によって発生します。アポクリン汗腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質等が含まれており、それがワキに存在する常在菌により分解されることで、独特の悪臭が発生するのです。

 

このアポクリン汗腺の数は毛の量と関係があるといわれており、重度のワキガの人は、ワキ毛の量が多いケースがほとんどだそう。

 

また遺伝による影響もあると指摘されています。両親がワキガだと、その子どもも発症する可能性がかなり高くなるのです。

 

さらに中には、生活習慣の乱れ暴飲暴食過度なストレスによりワキガを発症するケースも。

 

女性の場合は妊娠や出産、月経など性ホルモンのバランスの変化で、一時的にワキガの症状がでることもあります。

ワキガを軽減させるためには

ではワキガを軽減させるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

まず大切なのは、とにかくワキを清潔に保つこと。こまめにワキ汗をふき、匂いの発生を抑えましょう。また毛が生えていると、雑菌の繁殖が活発になり、匂いを発しやすくなります。ワキ毛の処理は、こまめにやった方がいいかもしれません。

 

他にも汗の分泌を抑える制汗剤や、細菌の繁殖を抑える殺菌剤を使用するのも効果的です。それぞれ軟膏やスプレー、ローション、パウダータイプなどがあります。

 

生活習慣の改善も、ワキガの解消に効果的な場合が。とくに食生活はとても大切です。肉をはじめとした高カロリー・高脂肪の食品や、チーズなどの乳製品はワキガの原因になる可能性があります。できれば同じタンパク質でも、大豆製品や魚を中心にした食生活を心がけましょう。

 

またアルコールやニコチンは、アポクリン汗腺の働きを活発にする作用あり。さらに体臭を強める可能性もあるので、飲酒や喫煙はなるべく控えた方が良いでしょう。

 

そして何よりも大切なのは、ストレスをためないこと。ストレスがたまると精神性発汗といい、暑くもないのに汗をかく症状がでることがあります。汗はワキガの原因になりえますから、ストレスを溜め込まないよう心がけましょう。

足の匂いコンプレックス対処法

足の匂いコンプレックス対処法

足の匂いは、男女問わず誰しも気になる部分。ふいに靴を脱がなきゃいけない場面で、焦りたくないですよね。

 

ここでは足の匂いを解消する方法を、お伝えします。

足の匂いは雑菌が原因?

足が臭う最大の原因は、雑菌です。足にもともと潜んでいる常在菌が、汗と混ざった皮脂や古い角質、垢などの汚れを分解。すると臭いの元となる物質ができてしまい、納豆のような匂いや、酸っぱい匂いを発する原因になってしまいます。

実は足の裏には、汗腺が集中しています。そのため足は他の部位に比べて汗をかきやすく、上述のように常在菌に分解されると、悪臭を放つようになります。

また足のかかとにできやすい角質も、常在菌によって分解されることで、匂いの原因に。

長時間靴や靴下を履きっぱなしにすることも、足が蒸れ汗をかきやすくなるため、匂いの原因になります。

足の匂いをなくすための方法1:足を清潔に

では足の不快な匂いをなくすためには、どうすれば良いのでしょうか。それは「正しく足を洗う」こと。古い角質や汚れを落とし、足を清潔に保ちましょう。

 

まずは足の裏にある厚い角質を、取り除きます。角質用のパックややすりなど、今は角質を簡単にとるアイテムが充実しています。使用頻度を守り、定期的に角質ケアを行うようにしましょう。ときにはアカスリ専門店などで、プロの手を借りるのも吉。

 

足を洗う際は石鹸をよく泡立てて、丁寧に指の間まで洗っていきましょう。ボディソープには保湿成分が含まれていることが多く、足裏の過度な蒸れや汗の原因になるため、なるべく石鹸を使って洗うようにしましょう。

 

また見落としがちな爪の間も、丁寧に洗うべき箇所。汚れが残りやすいので、爪ブラシなどを使用して丁寧に洗いましょう。

 

スペシャルケアとして、重曹を活用するのもおすすめです。掃除に大活躍する重曹はアルカリ性のため、足の匂いの元となる酸性の雑菌に効果を発揮し、匂いを軽減してくれます。

 

やり方はいたって簡単。大さじ2〜3杯程度の重曹をお湯を張った洗面器にくわえ、そこに足を20分程度浸すだけです。

 

何度か試すと、効果を実感できるはず。

足の匂いをなくすための方法2:靴を清潔に

足のケアももちろんですが、靴のケアも匂い対策のためには必須です。靴は密閉空間のため湿気がたまりやすく、匂いの元になります。履いた後は必ず干して、乾燥させましょう。

干す場所がない、という場合は、ジップロックに靴を入れて冷凍庫に入れるのもおすすめです。冷凍庫の温度では雑菌は死んでしまうため、匂いの解消につながります。

 

またシューズクローゼットに、湿気をとるためのアイテムを置くことも効果的。吸水効果が高い新聞紙を下に引いたり、除湿剤を置いたりしましょう。

 

外出中にいきなり靴を脱ぐ場面に遭遇したときのために、消臭スプレーなどを持ち歩くのもおすすめです。

匂いコンプレックスを解消して、自分に自信を取り戻す

匂いコンプレックスを抱えながら生きるのはつらいもの。対人関係に支障をきたしたり、自分に自信がなくなってしまいます。

 

匂いは先天的な原因がある場合もありますが、生活習慣の改善やちょっとしたケアで、軽減できることも。どんな匂いコンプレックスも、きっとあなたにぴったりの対処法があるはずです。自分に適した方法でコンプレックスを解消し、自信を取り戻しましょう。

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY