PMS(月経前症候群)の原因と緩和するための方法

最終更新日:
PMS(月経前症候群)の原因と緩和するための方法

「なんだかイライラする…」

「頭が痛い…」

「胸が張る…」

「やけに眠い…」

 

生理前になると強くなる、上記のような症状。

 

程度の差こそあれ、

女性なら誰しも感じたことがあるのでは?

 

こういった症状は、PMS(月経前症候群)と呼ばれています。

 

「言葉は聞いたことあるけど、詳しいことは理解できてないかも。」

 

そんな方も多いかもしれませんね。

 

毎月やってくる、生理と、PMS(月経前症候群)

避けることができないものではありますが、

一生付き合っていくものですから、上手に乗り切りたいですよね。

 

PMS(月経前症候群)は対処が難しいと言われていますが、

少しの工夫で緩和できる方法はたくさんあります。

 

本日は、そんなPMS(月経前症候群)との付き合い方についてお話しします。

PMS(月経前症候群)ってなに?

そもそもPMSって一体何なのでしょうか?

 

PMSとは、Premenstual Syndromeの略。

日本語で言うと「月経前症候群」です。

 

つまり、生理前に起こる不快な症状のことです。

 

PMS(月経前症候群)には、身体症状と、メンタル症状があるのですが、

数えきれないほどたくさんの症状があります。

 

代表的なPMS(月経前症候群)の症状例は次のようなものです。

 

(1)無性にイライラする

(2)胸が張ってくる

(3)お腹が痛くなる

(4)眠たくなる

(5)肌が荒れやすくなる

(6)憂鬱な気持ちになる

(7)頭が痛くなる

(8)つい周りに当たってしまう

(9)お腹が空いてドカ食いしてしまう

(10)集中力がなくなる

 

ここであげた症状は、ほんの一部。

 

また、PMS(月経前症候群)は個人差があり、

人によって症状の出方や強さはバラバラです。

 

上記に挙げた項目も、当てはまるものもあれば

当てはまらないものもあるかもしれませんね。

PMS(月経前症候群)の原因は?

PMS(月経前症候群)の原因は?

いちばん気になるのは、

「なぜPMS(月経前症候群)が起こるのか?」ということですよね。

 

残念ながら、

PMS(月経前症候群)の原因は科学的にはっきりしていません。

 

しかし、一節によると、「ホルモンバランス」が大きく関係している、

と言われています。

 

女性ホルモンには、2つの種類があります。

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」です。

 

2種類の女性ホルモンは、生理周期によって分泌量が変化します。

 

特に、生理前はこの2つのバランスが大きく変化するのです。

 

普段、女性ホルモンは、

「プロゲステロン」よりも「エストロゲン」のほうがおおいのですが、生理前になると

「プロゲステロン」の分泌量が一気に増え「エストロゲン」の分泌量を超えます。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)が増える時期なので、

生理前のことは「黄体期」と呼ばれています。

 

このホルモンバランスの急激な変化が、

PMS(月経前症候群)の大きな要因ではないか、と言われているのです。

エストロゲンとプロゲステロンって?

では、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)とは、

一体なんなのでしょうか?

 

これらのホルモンは、

どちらも赤ちゃんを授かるために欠かせないホルモンです。

 

エストロゲンには、「妊娠の準備をする」「体を女性らしくする」などのはたらきが、

プロゲステロンには、「妊娠の継続をサポートする」「女性の体を守る」などのはたらきがあります。

 

これらのホルモンによって体に起こる変化は、次の通りです。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

・自律神経を活発にする

・体調をととのえる

・気持ちを安定させる

・女性らしい体つきにする

・血流を良くする

・真皮のコラーゲンを生成し、肌に潤いやハリを与える

・骨にカルシウムを蓄える

プロゲステロン(黄体ホルモン)

・血行が悪くなる

・抑うつ状態になりやすくなる

・むくんだり、太りやすくなる

・腸のぜん動運動を抑える

 

このようにみていると、

プロゲステロンは妊娠に必要なホルモンであると同時に、

あまりうれしくない副作用もあることがわかります。

 

PMS(月経前症候群)は、

このプロゲステロン分泌の急激な変動が関係しているのではないか、

と言われています。

PMSを緩和するためにできる2つのこととは?

では、PMS(月経前症候群)を少しでも緩和するために、

私たちができることは一体なんなのでしょうか?

 

PMS(月経前症候群)を緩和するための方法は、

大きく分けて2つあります。

 

繰り返しになってしまいますが、PMS(月経前症候群)の原因は、「ホルモンバランスの変動」であると言われています。

(科学的にあきらかにはなっていません。)

 

そのため、「ホルモンバランスを整えるもの」を摂ることが、

PMS(月経前症候群)の緩和につながる可能性があります。

 

これが、私たちができることの1つめ。

 

2つめは、「対症療法」です。

 

イライラ、眠気、肌荒れなど、

さまざまなPMS(月経前症候群)に対して、

対症療法的に症状を和らげることは可能です。

 

もちろん、完全によくなるわけではありませんが、

少しの工夫でだいぶマシになるかもしれません。

 

「ホルモンバランスを整えるものの補給」「対症療法」

これが私たちにできるPMS(月経前症候群)緩和策です。

 

ここからは、具体的な方法についてご説明したいと思います。

PMSを緩和するための工夫(1)大豆イソフラボンを摂る

エストロゲンに似た作用のあるものといえば、

「イソフラボン」が有名ですよね。

 

イソフラボンには、エストロゲンに似た作用があり、

ホルモンのバランスを整えてくれるという作用が期待されています。

 

イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。

 

豆腐、納豆、味噌、豆乳など、

幸いなことに、ここ日本にはさまざまな大豆食品があります。

 

積極的に食事に取り入れて、イソフラボンを補給しましょう。

 

なお、イソフラボンを体内で有効活用するためには、

イソフラボンを「エクオール」という物質に変える必要があるのですが、

2人に1人は体質的にこれを変化させられないと言われています。

 

エクオールに変化させる能力があるかどうかは、

検査キットで簡単にチェックできるので、自分はどうなのか検査してみましょう。

 

もしエクオールに変化させる能力がなかった場合、

大豆製品を積極的に摂取してもあまり効果が見込めないので、

エクオールのサプリメントなどを活用してもいいかもしれません。

PMSを緩和するための工夫(2)軽い運動をする

意外にも、PMS(月経前症候群)には

「運動」が大変効果的だと言われています。

 

ランニング、ジョギング、ダンス、サイクリングといった

有酸素運動を行うことで、

憂鬱感、疲労感、イライラ、集中力の低下、頭痛などが緩和するようです。

 

メカニズムに関してはまだ明確ではありませんが、

「実際に症状がマシになった!」という方も多いようなので、

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

PMSを緩和するための工夫(3)低用量ピルを処方してもらう

PMSを緩和するための工夫(3)低用量ピルを処方してもらう

PMS(月経前症候群)を緩和するための最後の方法、

それは、産婦人科などで「低用量ピル」を処方してもらうことです。

 

ピルといと「避妊」というイメージが強いため、

抵抗感がある方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は、PMS(月経前症候群)を緩和する作用もあります。

 

生理前のホルモンバランスの変動を抑えることで、

血中のホルモン量を安定させることができるようです。

 

精神的症状、肉体的症状のどちらに対しても効果があるので、

PMS(月経前症候群)がつらくてたまらない…という方は、

一度医師と相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

本日は、PMS(月経前症候群)の緩和法についてご紹介しました。

 

PMS(月経前症候群)の原因はまだ科学的に解明されていないので、

抜本的な解決策はないかもしれませんが、工夫次第で緩和させることは可能。

 

毎月やってくる生理と、上手に付き合っていきたいものですね。

 

<参考URL>

・ソフィ https://www.sofy.jp/ja/home.html

・MYLOHAS  https://www.mylohas.net/2018/04/165858fight-pms.html

・exciteニュース https://www.excite.co.jp/news/article/CocokaraNext_5908/

・命の母ホワイト https://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/white/white_genin.html

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY