男性の6割が女性の産毛を気にしている!正しい産毛の脱毛・処理方法やメリットをご紹介

最終更新日:
男性の6割が女性の産毛を気にしている!正しい産毛の脱毛・処理方法やメリットをご紹介

今や女性のほとんどが行っているとも言われてる脱毛。

しかし、脱毛をする範囲はどこまでを選択するのがいいのか悩んでしまうひともいるかと思います。

その中でも最も悩ましいのが「産毛」の存在です。

お腹や背中に生えている産毛は処理を選択するべきなのか、しないべきなのか…。

そこで今回は、産毛の脱毛にまつわる豆知識をピックアップしていきます。

世の中の女性の意見や、処理方法などを参考にしてみてくださいね。

産毛を気にしている男性の割合は?

女性が自身の産毛を気にしてしまう要因の一つに、男性の目があります。

実際に「KAIグループ」がアンケートを取ったところ、「女性はうぶ毛を処理した方が好ましい?」という質問に対して、6割以上の男性が「処理するべき」と回答していました。

 

続いてどんな時に気になるかを聞いたところ、「キスをする時」「うぶ毛に化粧品が乗っているとき」「一対一でテーブルに向って打ち合わせや作業をしている時」「女性店員から接客を受けた時」といった回答が上がっています。

パートナーや彼氏だけでなく、世の中の男性は以外にも女性の産毛に敏感なのかもしれませんね。

 

しかし一方で女性を対象に「ほかの人は自分のうぶ毛を気にしていると思いますか?」と問いかけたところ、4割以上の人が「そう思わない」と回答しています。

産毛は女性自身そこまで意識していなくとも、男性側から見ると高確率で気になってしまう箇所のようですね。

産毛の処理は難しい?

産毛の処理は難しい?

「処理しにくい」というイメージがある産毛ですが、実は「産毛の処理は難しい」とも言われています。

そう言われるのには、産毛だからこその理由がります。

 

一般的に産毛と分類されるのは、細くて薄い毛のことです。

しかしこの特徴が原因で、脱毛サロンやクリニックでも産毛の脱毛は難しいと言われています。

脱毛サロンなどで行われる脱毛方法は、毛がもともと持っているメラニン要素に光を照射して行います。

ただ産毛となると、もともと持っているメラニン色素がとても少ないことになります。

したがって産毛のメラニン色素に照射がうまく反応せず、産毛が処理しにくいという結果につながります。

 

ただ現在では「全身脱毛」「顔脱毛」などの、産毛に対して行う脱毛も増加してきているのでご安心くださいね。

産毛の脱毛方法

では早速、産毛の脱毛方法について紹介していきます。

予算や自身のスケジュール、肌質などによって脱毛方法を選んでみてくださいね。

SHR脱毛による脱毛

そもそもSHR脱毛とは、「super(スーパー)」「hair(毛)」「removable(除毛できる)」という英単語の頭文字を取ったワードです。

SHR脱毛の特徴は、脱毛が完了するまでのスピード、痛みの少なさ、仕上がりの良さなどです。

またSHR脱毛を行ったあとも、肌への負担が少ないので、現在じわじわと注目を集めている脱毛方法です。

 

通常のメラニン色素に反応する照射と異なり、SHR脱毛はしっかりと「毛包」に働きかけてくれます。

そのため、レーザー脱毛よりも産毛の脱毛に向いていると言えるかもしれません。

顔の産毛脱毛を行った場合は、「化粧ノリの良さ」や「顔色の改善」などがメリットとして挙げられます。

また背中やお腹にSHR脱毛を行っても、ツルスベ感や肌触りの良さが実感できますよ。

医療レーザーによる脱毛

「医療レーザーによる産毛脱毛は効果が期待できない」との話をしましたが、サロンによっても異なります。

サロンによっては産毛対策用の脱毛器を導入していたり、通常の毛根に充てる時よりもパワーを調整しています。

 

一方で産毛は照射によって、「増毛化」「硬毛化」してしまうリスクも伴います。

そのため、回数を重ねたり照射のタイミングを変えたりしながら脱毛を行っていくことが多いかと思われます。

 

しかし「すでに全身脱毛をすでにしているサロンがる」という人は、通う回数や手間がぐっと減るので、一か所のサロンで継続的に産毛の脱毛をしていくのがいいかもしれませんね。

家庭用電動シェーバーによる脱毛

最も簡易的に産毛の処理ができるのは、シェーバーでの処理方法です。

シェーバーだけでも数百種類が販売されており、値段も数千円からとリーズナブルな価格です。

現在はネット販売や薬局でも取り扱っているので、気になった時にすぐ処理ができるというメリットがあります。

 

その一方で背中などの手の届かない範囲は除毛がしにくいというデメリットもあります。

水着や肌の露出が多い夏場などには、あまりおすすめができないかもしれません。

 

また家庭で除毛をする時は、高頻度で行わないことをおすすめします。

産毛の生え変わる周期は20日ほどです。

これよりも頻度を高めてしまうと必要な角質までそり落としてしまったり、肌への負担が大きくなってしまいます。

目安としては、だいたい20日~1カ月に1回行う程度にとどめておいてくださいね。

カミソリによる脱毛

カミソリによる産毛処理は、手が届く範囲という条件付きです。

背中や腰などの手が届きにくい箇所を無理やり剃ろうとすると、けがや事故につながる可能性があるので注意してくださいね。

 

産毛処理の際におすすめしたいカミソリは、安全バーがついているタイプのものです。

中にはT字カミソリなどもありますが、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

失敗せずに産毛処理をしたい時は、顔そり用などのカミソリをチョイスしてみてくださいね。

 

処理をするタイミングとしては、入浴中や洗顔後がベストです。

産毛が生えている箇所は基本的に肌が弱い部分です。

乾燥した状態でカミソリを沿わせてしまうと、肌を過剰に傷つけてしまう可能性があります。

過剰なダメージを防ぐために、クリームや乳液を付けてから行ってくださいね。

掲載日:

CATEGORY