まだまだ現役!アラフォーのセックスライフを充実させるコツ

最終更新日:
まだまだ現役!アラフォーのセックスライフを充実させるコツ

アラフォーになると、若い頃とはさまざまな部分で違いを感じるものです。見た目は若々しくても、肉体や精神は確実に歳をとっています。

恋愛や夫婦関係も変化していき、セックスも今までのようにはいきません。

年齢を重ねるにつれて、セックスが遠いものになっていくように感じる人もいると思います。

しかし、セックスを本当に楽しめるのはこれからかもしれませんよ。

今回はセックスに関する悩みを解決するための、糸口になるようなお話をします。

アラフォーならではの楽しみ方を見つけて、セックスライフを充実させましょう!

若い頃とは違う?アラフォーのセックス事情

「私、いつまでセックスできるんだろう?」アラフォーになると、ふと不安になることがあります。

どれだけ自己管理していても、体力の衰えや見た目の変化は気になるもの。恋愛は若い時ほど気軽に楽しめなくなっていきます。既婚者は出産や子育てなどをきっかけに、性的なものから遠ざかる人も多いです。

自分が性的な対象として見られていないように感じたり、セックスを楽しみたいと思う自分を恥ずかしく思ったり。大人の女性がセックスに対して不安を抱く理由は、実に多様だと思います。

若い頃とアラフォーの今では、具体的にどんなところが違うのでしょうか?アラフォーのセックス事情について考えてみましょう。

体力低下

加齢による体力の低下を避けるのは、非常に難しいことです。よっぽど鍛えている人でもない限り、確実に体力は衰えていきます。アラフォーになると、すでに体力の低下を自覚している人がほとんどでしょう。

セックスも体力を要しますから、若い時と同じようにはいかないと思います。

潤い不足

セックスの時、膣内の潤いが足りないと、痛みを伴うことがあります。

濡れにくくなる原因はいくつか考えられますが、加齢による女性ホルモンの機能低下も原因の1つです。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、膣内が乾燥しやすくなり、ハリも失われていきます。

寝不足や不規則な生活も、潤い不足の原因です。疲労やストレスはホルモンのバランスを崩すだけでなく、自律神経も乱します。疲労やストレスを感じていると、交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、膣内の分泌液が減り、濡れにくくなってしまうのです。

アラフォーになると、社会的にも、家庭内でも、さまざまな責任を抱えている人が多いと思います。がんばりすぎによる疲れやストレスは、セックスに支障を来す原因になるかもしれません。

感じやすさは若い頃より上?

個人差がありますが、心身の成長によって性感が高まっていく可能性はあります。

セックスの経験が浅い時は、快感よりも恐怖や恥ずかしさが勝ってしまうことが多いです。

アラフォーになってある程度経験を積んでいると、ベッドの上でも少し余裕が生まれます。自分が気持ちいいと感じる場所や動きもわかってくるでしょう。相手が長年のパートナーであれば、要望も上手く伝えられるようになっているはずです。

肉体的にも経験が少ない頃より、回数を重ねてからの方が感じやすくなっていきます。

つまり、アラフォーは若い頃より、今の方がセックスを楽しめるようになっている可能性があるのです。セックスから遠ざかってしまうのは、もったいないと思いませんか?

掲載日:

CATEGORY