え、今はダメ…!急なセックス前にアソコの匂いを消す方法とは

最終更新日:
え、今はダメ…!急なセックス前にアソコの匂いを消す方法とは

「あそこの匂いが気になって、突然のセックスが心配・・・」

 

そんな風にお悩みの方、意外と少なくないのでは?

 

気になるデリケートゾーンのお悩み。

他の人たちがどうやって対処しているか気になるけど、

内容が内容だけに相談しづらいですよね。

 

デリケートゾーンは、

他のどのパーツよりも匂いが発生しやすい部位です。

正しいケアをして対処する必要があります。

 

「彼にくさいって思われたらどうしよう…。」

 

そんな心配を抱えた状態だと、

セックスも心から楽しむことができませんよね。

 

本日は、デリケートゾーンが臭ってしまう原因と対処法

さらにいざというときの緊急消臭ケアについてもお話ししたいと思います。

デリケートゾーンは臭いやすい?!

あそこの匂いって、独特なものがありますよね。

すっぱいというか、乳製品臭いというか…。

 

大好きなあの人にこんな匂いを嗅がれて幻滅されてしまうなんて、

絶対にイヤですよね。

 

デリケートゾーンは、きちんとケアをしないと

臭いが発生しやすい部位ナンバーワンです。

 

では、どうしてこんなにも匂いが発生しやすいのでしょうか?

 

デリケートゾーンが臭いやすいのには、

さまざまな原因が複合的に絡んでいます。

 

まずは、その原因について暴いていきたいと思います。

デリケートゾーンがにおう理由(1)ムレ

まず挙げられる原因としては「ムレ」があります。

 

デリケートゾーンは常に下着で覆われているうえ、

「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が集中しています。

 

高温多湿は雑菌が好む環境ですので、

あっという間に菌が繁殖してしまうのです。

 

特に夏場になるとデリケートゾーンが臭いやすいのは、

汗によるムレが大きな原因であると言えます。

デリケートゾーンがにおう理由(2)おりもの

匂いの原因は、ムレだけではありません。

「おりもの」も、デリケートゾーンの匂いの大きな原因です。

 

膣の中には、「乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)」という、体に良い菌がいます。

乳酸桿菌の仕事は、乳酸を分泌すること。

 

この乳酸によって、膣の中が酸性(PH4.5~5.0)に保たれ、

悪い菌が発生しないようにしてくれているのです。

 

この乳酸には匂いがあります。

デリケートゾーン独特の「すっぱい匂い」「乳製品のような匂い」は、この乳酸によるものです。

 

デリケートゾーンを臭くしてしまう厄介者ではありますが、

膣が健康な証なので、心配する必要はありません。

 

しかし、おりものの匂いが変わってきた場合は要注意。

 

「生臭さ」「腐敗臭」があまりにも強い場合、

性病や婦人病が関係している可能性があります。

 

匂いに異変を感じたら、病院で相談してみましょう。

デリケートゾーンがにおう理由(3)経血

「生理中はあそこの匂いがきつくなる…」

 

そう感じた経験はありませんか?

 

経血には、バクテリア腸内粘膜といった体内の組織が含まれています。

 

この経血が空気に触れて酸化してしまうことも、

独特の匂いを発生させてしまう原因のひとつです。

 

特に、ナプキンをこまめに変えないと、経血はどんどん酸化していってしまうので、

匂いは次第に強くなっていってしまいます。

 

生理中はいつも以上に清潔に心がけることが必要です。

デリケートゾーンがにおう理由(4)大腸菌

意外な原因がデリケートゾーンの匂いに関係していることもあります。

 

それはなんと、「大腸菌」

 

腸内環境が悪い方は特に要注意。

下痢気味の人や、便秘気味の人は、腸内に大腸菌などの雑菌が繁殖しやすい傾向があります。

 

そして、その菌が膣の中に移動して匂いの原因となってしまうことがあるのです。

 

これは避けることが難しいですが、

発酵食品水溶性食物繊維を積極的に摂り腸内環境を整えることが必要であると言えます。

デリケートゾーンの匂いをなくすには?

デリケートゾーンの匂いをなくすには?

このように、デリケートゾーンの匂いには、

さまざまな原因が絡み合っています。

 

では、匂いを防ぐためには

具体的にどのような対策をとればいいのでしょうか?

 

ここからは効果的な匂いケア法をご紹介します。

デリケートゾーンの匂い対策(1)専用の石鹸

まずオススメなのは、

「デリケートゾーン専用の石鹸を使う」ということ。

 

先ほども述べた通り、

膣は絶妙なphバランス(PH4.5~5.0)によって、悪い細菌が繁殖しないしくみになっています。

 

ボディソープなどによってこのphバランスが崩れてしまうと、

雑菌が繁殖しやすくなり、匂いが発生してしまいます。

 

デリケートゾーン専用の石鹸は、

膣のphバランスを崩さないように工夫されているものがほとんどです。

 

ボディソープではなく、そういった洗浄料を使用することで、

デリケートゾーンの状態を良くすることができます。

 

専用の石鹸を使用し、優しく丁寧に洗う習慣をつけましょう。

デリケートゾーンの匂い対策(2)通気性の良い下着

通気性の悪い下着を着用していると、

「高温多湿」状態になり、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

コットンシルク素材などの通気性の良いショーツを着用することで、

ムレを防いで雑菌が繁殖しづらくなります。

 

最近はデザイン性も高く、通気性も良い下着がたくさん販売されているので、

好みのものを探してみるのもおすすめです。

デリケートゾーンの匂い対策(3)生活習慣

免疫力の低下は、膣の状態とダイレクトに影響します。

 

特に疲れている方やストレスが溜まっている方は、

免疫力が下がりやすいので注意が必要。

 

まず心がけるべきは、良質な睡眠

忙しい現代人にとっては中々難しいことかもしれませんが、

最低でも6時間、できれば7~8時間の睡眠を取るよう心がけましょう。

 

また、腸に良い食事も大切。

前述の通り大腸菌が匂いの原因になってしまう可能性もあるので、

腸内環境を整える、ヨーグルト水溶性食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。

急なセックス前に匂いを消す方法は?

このように、デリケートゾーンの匂いを改善するためには日ごろからの心がけが重要ですが、「今すぐ!速攻で匂いを消したい!」ということもありますよね。

 

そんなときは、デリケートゾーン用の消臭スプレーを使用するのがおすすめです。

 

消臭スプレーというと「脇用」「足用」などはよく見かけますが、

「デリケートゾーン用」というのはなかなか見かけませんよね?

 

そこで今回は、急なセックスにも対応できる、

おすすめのデリケートゾーン用消臭スプレーをご紹介したいと思います。

ビズキ / ハーバルラクーンナチュラルミスト

ビズキ / ハーバルラクーンナチュラルミスト

それがこちら。

ビズキ「ハーバルラクーンナチュラルミスト」です。

 

ハーバルラクーンナチュラルミストは、

数少ない貴重な「デリケートゾーン用の消臭ミスト」のひとつ。

 

この可愛らしいミストが、

いざというときの消臭ケアにとても重宝するんです。

 

では、その理由をご説明したいと思います。

ハーバルラクーンのメリット(1)消臭力が高い

先ほども述べた通り、デリケートゾーンは様々な要因により、

匂いがとても強くなりやすい部位です。

 

生半可な消臭ケアでは、

その強い匂いを消しきることは難しいと言えます。

 

特に、セックスなどの匂いがバレやすいシチュエーションでは、

根本から匂いを消し去る必要がありますよね。

 

そこで活躍するのが、ハーバルラクーンナチュラルミストです。

 

ハーバルラクーンに配合されている消臭成分は

「IPMP(イロプロピルメチルフェノール)」と呼ばれるもの。

 

さまざまな種類の匂いを消臭する効果に優れていて、

その消臭効果も「約89~99%」と言われています。

 

また、効果の持続時間も長いので、

デート前に1回スプレーしておくだけでも、

一日間消臭効果を得られることが期待できます。

ハーバルラクーンのメリット(2)低刺激

とはいえ、

「そんなに消臭効果が強いと、刺激も強いんじゃ…?」

と心配になってしまいますよね。

 

先ほども述べた通り、デリケートゾーンはとても敏感なので、

ちょっとしたphバランスの崩れが、悪臭を強めてしまう原因にもなります。

 

でもご安心あれ。

 

ハーバルラクーンナチュラルミストに配合されているIPMP低刺激なうえ、

phバランスを整えてくれる「ジャムウ成分」も配合されています。

 

そのため、phバランスを崩してしまうことなく、

安全に消臭することが可能なのです。

 

また、美肌成分も配合されているため、

デリケートゾーンのお肌を整える効果も期待できます。

ハーバルラクーンのメリット(3)携帯できる

ハーバルラクーンナチュラルミスト最大の特徴はこれ。

「持ち運びができる」ということです。

 

手の中にすっぽりと納まるコンパクトなサイズなので、

いざという時でもこっそりとお手洗いに持っていくことができます。

 

また、万一見られてしまっても、

可愛らしいデザインで化粧水にしか見えないので、恥ずかしくありません。

 

かさばらないので、バッグに忍ばせておくにも便利。

「いつ緊急事態になっても大丈夫!」という安心感があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、「デリケートゾーンの匂い」についてお話ししました。

 

あそこの匂いが気になっていると、

彼とのセックスも心から楽しむことができませんよね。

 

日ごろからのケアと、いざという時の消臭ケアで、

24時間におわない私を目指しましょう。

 

<参考URL>

・BIZKI https://store.bizki.jp/

・サラサーティー https://www.kobayashi.co.jp/brand/sarasaty/orimono/

・ソフィ https://www.sofy.jp/ja/advice/period-changes/34.html

・ラブコスメ https://www.lovecosmetic.jp/category/jamu/special/nioi_i.html

・アソコ美人部 https://asoko-bijinbu.com/smell-type/

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY