出会いも増える!?アラフォーこそ歯列矯正で心と体の健康を整えましょう。

最終更新日:
出会いも増える!?アラフォーこそ歯列矯正で心と体の健康を整えましょう。

テレビに映る芸能人や海外女優さんの綺麗な歯並び、憧れますよね。ふと頭をよぎる”歯列矯正”ですが、どちらかというと若い人が治療するイメージもありますし、アラフォーともなると「もう今更…」と思いがち。しかし近年では30〜40代からの矯正が増えているようで、一概に遅いとは言えません。

とはいえ、簡単に出せる額ではないですし矯正のメリットやデメリットを知っておきたいところです。そこで今回は、見た目以外にも矯正したほうがいい理由矯正の種類注意点までご紹介していきます!

矯正したほうがいい理由

とにかく八重歯や噛み合わせが気になる!という理由から、様々な歯列矯正のメリットをご紹介していきます。

 

歯ぎしりが改善する事がある

「睡眠中の歯ぎしりが気になる!」と家族から指摘された事はありませんか?

歯ぎしりは音ももちろん不快ですが、歯自体への負担も侮れません。睡眠の質も落ちてしまいますし、頭痛や肩こりの原因となる場合もあるのでなるべく早く解決したほうがいいものです。

一般的に、歯ぎしりを改善しようと歯科医院に行くとマウスピースの使用や歯並びの矯正を勧められるそうなのですが、マウスピースの使用は根本的な解決にはなりませんし、使用感も快適かと言われると悩んでしまうところ。更に、マウスピースはその都度洗浄も必要ですし無くしやすいというデメリットもあります。

歯並びが直接歯ぎしりの原因となっていない場合もあるので医師との相談が必要になりますが、どちらにしろ手間がかかるならマウスピースよりは歯列矯正をしたほうが良いかもしれません。

歯周病になりにくくなる

何歳になっても丈夫な歯でいたいものですが、その歯を失ってしまう大きな原因が歯周病です。歯並びが悪いままだと歯石や歯垢が溜まりやすくなり、歯を支える骨が後退していき歯周病を促してしまいます。

矯正で歯並びが整うと歯が綺麗に噛み合う事による自浄作用も高まりますし、磨き残しが発生しにくくなるので歯石の温床となることを防いでくれます。

歯科医院に行くと分りますが、自分では「しっかり磨けている」と思っていても、歯ブラシが届きにくい歯の裏側や歯並びが悪く重なったところ、八重歯などは特に磨き残しが目立ちます。この磨き残しが何年も積み重なっていくと思うと恐ろしいですよね。

老後の歯の健康のためにも、アラフォーの歯列矯正は大事だということです。

消化が良くなる

歯並びが悪いと噛み合わせも悪いので食べ物をしっかり噛み砕く事ができない場合があります。しっかり噛めていたとしても、噛みやすい部分でばかり噛んでしまうため歯の中でも偏って負担がかかってしまいます。強い負担のかかった歯はすり減りが激しく、知覚過敏へと繋がったり歯の寿命を縮めてしまったりします。

歯並びが良くなるとそのような偏った負担も解消できますし、しっかりと食べ物を噛み砕く事で胃腸への負担を減らす事ができます。今まで消化の悪さに悩んでいた人や、消化の悪さからくる口臭に悩んでいる方は早めの矯正を考えたほうが良いかもしれませんね。

”歯列矯正婚”?コンプレックス解消

自分の歯並びに自信がなく、何となく笑顔が引きつってしまったりマスクが手放せなくなったりしている方はいませんか?

驚く事に、歯列矯正を始めてから結婚や出産の機会が訪れるアラフォーが増えているそうなのです。歯並びを整える事によって自分に自信が出た!自然な笑顔が増えた!という理由から出会いに繋がることもありますし、「矯正器具に食べ物のカスがいちいち溜まるのが面倒で間食が減った!」という声もあるそう。思わぬダイエットに繋がる場合や、自分磨きの効果もあるのですね。

健康の面から考えても様々なメリットがある歯列矯正ですが、美意識を高めるための手段としても多いに効果を発揮しそうです。

掲載日:

CATEGORY