何をしても消えないセルライト…効果的な解消法は?

最終更新日:
何をしても消えないセルライト…効果的な解消法は?

ポッコリお腹、たるんだ二の腕、象のような太もも…

 

どれもイヤですが、それらをはるかに凌駕する憎―い女の敵。

それは他でもない、「セルライト」です。

でこぼこと波打った脂肪を見ているとなんだか悲しくなってきますよね。

 

セルライトで悩んでいる女性は、実はとても多いんだそう。

あのいやーなボコボコを消滅させるために、食事制限、マッサージ、運動など、すでにあらゆる手を尽くした…という方も少なくないのでは?

しかし、どれだけ努力しようと、セルライト解消は一筋縄ではいきません。

 

セルライトは「脂肪のラスボス」

普通の脂肪より、はるかに手ごわいのです。

 

本日は、そんな憎らしいセルライトを本気で解消する方法をご紹介します。

セルライトの正体とは??

セルライトの正体とは??

「普通の脂肪」「セルライト」

似ているようですが一体何が違うのでしょうか?

 

セルライトも、脂肪であることには違いありません。

ただ、脂肪と異なるのは「余計なものがくっついている」ということ。

セルライトは純粋な脂肪ではなく、二酸化炭素や尿素などの老廃物をくっつけて固まってしまっています。

さらに、セルライトは周辺の組織を巻き込んで繊維化してしまうので、外から見たときにデコボコして見えるのです。

 

繊維化したセルライトは血管やリンパを圧迫してしまいます。

そうすると血液やリンパ液の循環が悪くなり、さらに老廃物がたまりやすくなります。

それによりますますセルライトが増えていく…という悪循環に陥ってしまうのです。

セルライトを予防するためにはどうすればいいの?

セルライトは、一度できてしまうとなかなか減ることはありません。

むしろ代謝が悪くなってどんどんセルライトが作り出される一方なので、そうなってしまうために予防する必要があります。

 

セルライトの原因は脂肪と老廃物がくっついてしまうことです。

 

まずなにより重要なのは「脂肪をためないこと」

そして次に、「老廃物をためないこと」です。

太っていなくても、冷え性の方、むくみやすい方、血行不良の方はセルライトができてしまうことがありますが、それは老廃物が蓄積しやすいからだと言われています。

 

そのため、まずは上記の2点がとても重要。

 

「脂肪をため込まない」ためには、言うまでもなく、健康的な食生活がとても大事。

脂肪分の多い食事や甘いものが好きな方は食べ過ぎないようにしましょう。

 

「老廃物をため込まない」ためには、血やリンパの巡りを良くすること。

日ごろからジョギングなどをして筋肉量を増やしたり、蒸しショウガなどの体を温める食べ物を取り入れることで血流が滞ってしまうのを防ぐことができます。

全身のストレッチもリンパの巡りを良くするのに効果的なのでおすすめです。

 

また、ストレスをためないことも大事。

ストレスがたまると血管が収縮して血の巡りが悪くなってしまいます。

「お風呂にゆったりと浸かる」「好きな音楽を聴く」など、お気に入りのストレス解消法を見つけてイライラしてしまうまえに解消しましょう。

セルライトローラーやセルライトマッサージは効果ある?

セルライト解消のために、高額のセルライトローラーを買ってコロコロしたり、

本で読んだセルライトマッサージを試している方も多いかもしれませんね。

 

はたして、そういったセルライト解消法は効果はあるのでしょうか?

 

単刀直入にいうと、残念ながら「効果はあまり期待できない」と考えられます。

 

セルライトローラーやセルライトマッサージなどの方法は、セルライトができてしまう「前」、つまり予防としては大変効果的です。

 

しかし、セルライトがすでにできてしまっているということは、もう脂肪に老廃物がくっついて繊維化してしまっているということ。

繊維化して固くなってしまった脂肪はマッサージなどでほぐしただけでは「焼け石に水」です。

 

そのため、セルライトローラーやセルライトマッサージで今現在あるセルライトが無くなるということはあまり考えられませんが、「これ以上セルライトを増やさないため」にはとても良いことです。

 

「セルライトができやすい」という方は、予防のためにぜひセルライトローラーやセルライトマッサージをぜひ取り入れてみましょう。

セルライトは放っておくと怖い?

セルライトは一度できてしまうとなかなか解消しづらいといいましたが、「じゃあ仕方ないや」と諦めてしまうのは危険。

 

先ほども述べた通り、セルライトがあると血やリンパの巡りが悪くなり、代謝が悪くなるのでどんどん脂肪がたまりやすくなります。

 

また、見た目の問題だけではありません。

セルライトを放っておくと、皮膚の表面まで固くなってしまうことも。

すると、毛細血管に栄養が行き届かず、多少の刺激だけで皮膚に痛みを感じたり、内出血しやすくなってしまったりします。

 

そうなると見た目だけでなく、健康の問題にも発展するので、やはり放っておくのは危険。

セルライトローラーやセルライトマッサージでこれ以上の悪化を防いだり、ジョギングやストレッチで脂肪燃焼と血流改善を目指しましょう。

結局セルライト解消には一体何がいいの?

結局セルライト解消には一体何がいいの?

さて、ここまで「セルライトは一度できてしまうと解消が難しい」というスタンスでお話ししてきましたが、それでは救いがなさすぎますよね。

大丈夫。ひとつだけ良い方法があります。

 

それは「専門家の力を借りる」ということ。

 

普通の脂肪と違い、セルライトは老廃物や周辺組織も巻き込んで複雑化した状態。

ある程度悪化してしまっているのなら、自己ケアでなんとかしようとするのではなく、エステやクリニックなど、プロに頼りましょう。

 

セルライト除去の効果が期待できるのは、以下のようなもの。

 

・超音波

・ラジオ波

・レーザー

 

こういったものは、皮膚には刺激を与えず脂肪そのものにアプローチしてくれます。

そのため、セルライト解消が効果的に行えるのです。

 

クリニックによって使用している機器はバラバラですが、今回は3つの施術法をご紹介したいと思います。

(1)ウルティマ・アンサンブル

まずご紹介したいのは、「ウルティマ・アンサンブル」という痩身マシンを使った施術。

このマシンには「超音波」「ラジオ波」の2つの機能が搭載されています。

 

超音波は、深層の脂肪を破壊する効果があります。

「キャビテーション作用」と言われていて、脂肪の中にブクブクと気泡を発生させ、その気泡が破裂する衝撃によって脂肪を分解するという方法です。

 

超音波のキャビテーション作用によって脂肪が破壊されたら、ラジオ波をあてます。

ラジオ波は深部を温めることでリンパの流れを促進し、分解された脂肪を「排出」しやすくしてくれるのです。

また、温熱効果により排出だけでなく、皮膚の「引き締め」効果も期待できます。

 

「分解」→「排出」→「引き締め」という3ステップでセルライト解消を図るのが「ウルティマ・アンサンブル」の特徴です。

(2)トロフィックス

トロフィックスは、イタリアで開発されたセルライト専用マシン。

「レーザー」を使用したセルライト解消法です。

 

ダイオードレーザーという特殊なレーザーをセルライトの気になる部位にあてることで、セルライトの周りに巻き付いたコラーゲン繊維などをほどき、脂肪を刺激します。

 

脂肪が柔らかくなったところで、冷却&吸引マッサージを行うことでリンパの巡りを促し、老廃物と脂肪の排出を促します。

(3)スマートリポ

最後にご紹介するのは、「スマートリポ」という施術。

スマートリポとは、「レーザー治療」「脂肪吸引」を掛け合わせた治療法です。

 

皮下に「カニューレ」という管を挿入し、脂肪層にレーザーを直接照射することで、脂肪を溶かして外に排出するという方法です。

 

施術してから効果が出るまでに2~3カ月かかると言われています。

 

脂肪を吸引するためもっとも効果が期待できる方法ではありますが、1部位につき約10万以上かかる高額な施術のため、受ける際はお財布と相談する必要があります。

 

まとめ

さて、今回はセルライト解消のための方法をご紹介しました。

 

運動すればなくなる脂肪と違い、セルライトは本当に厄介。

ボコボコして見た目にも良くないし、なかなか無くならないし。

 

最も重要なのは「予防すること」です。

ふだんから運動、ストレッチ、健康的な食事などを心がけ、セルライトが作られないように気を付けましょう。

 

すでにできてしまったセルライトはプロの力を借りるのが効果的。

もしセルライトのことでお悩みの方は、エステやクリニックに通うこともぜひ検討してみてください。

 

<参考URL>

・シロノクリニック https://www.shirono.net/

・PMK https://www.pmk-j.com/slim/tro.html

・わかばクリニック https://wakabamc.com/treatment/1278.html

・True Heart http://trueheart-morioka.com/pickup/

・EPARK https://epark.jp/epark-report/kusuri/symptom-cellulite-fat/

・パーフェクトライン https://perfect-line.jp/explain/

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY