一生のものの歯。綺麗な口元にするにはやっぱりセラミック?

最終更新日:
一生のものの歯。綺麗な口元にするにはやっぱりセラミック?

自分の体とは一生離れならない大切な財産です。物を認知するために大きな役割を担っている目、危険なものがどうか匂いで察知をする鼻、自分の行きたいところに連れて行ってくれる足、欲しいものを手に入れることのできる手、物を食べたり、言葉を発するためになくてはならない口。今回は、そんな口の中にある「歯」に着目して、歯の治療法であるセラミックについてご紹介します。

セラミックって何?

そもそも医療用のセラミックとは歯の被せ物のことをさしています。虫歯の治療を行い、歯を削った際に上からかぶせる素材ことです。陶器や焼物などに使われる素材を使っているとこから天然の歯と見分けのつかないほどに、綺麗で自然に見えることも特徴です。このセラミックが登場する前は、口を開けただけでギラギラと目立つ「銀歯」が主流でした。しかしセラミックの登場によって、今では全体の70パーセントがセラミックを利用しているのです。

セラミックの特徴

セラミック治療の最大のポイントは、その綺麗な見た目です。本物の歯なのか、被せ物なのか、近くでじっくりみないと見分けがつかないのが特徴とされ、口元を綺麗な歯で保ちたい方にも大変人気です。そして口内美化だけではなく、もう1つの特徴としてあげられるのが、口内環境にも大変良い点です。銀歯の場合ですと、そのぶ厚さからそうしても歯と歯の間に隙間ができてしまい、その隙間から虫歯菌が繁殖してしまいます。さらに、汚れが付着しやすい素材である点や、コーティングが厳重ではない点から劣化が起こりやすい、という弱点があります。ですが、セラミックの場合は、表面にきちんとしたコーティングがなされているため、歯が傷ついたり、汚れの付着も防ぐこともできます。セラミックにすることによって、虫歯になりにくく口内環境を良好に保てます。

ただ、セラミックは保険適用外なので、保険のきく銀歯より自分で負担しなければならない額は多くなるでしょう。

セラミックのメリット

セラミックのメリットは、4点あります。見た目の美しさ良好な口内環境金属アレルギーでも利用できる変色する恐れがないことです。先ほど述べたように、セラミックにする人のほとんどが見た目の美しさを理由にしています。次に、コーティングによって歯垢や歯石が付着しにくいため、虫歯になりにくいと言われています。また、銀歯をつけていると、金属成分が口内に流出し、黒ずみの原因になると言われていましが、その心配もありません。

そして、金属アレルギーの方であっても利用できます。それもとても大きなメリットですね。

セラミックのデメリット

そんな万全にも思えるセラミックにも弱点がいくつかあります。まず、銀歯よりも脆く割れやすいところ、そして保険適応外のため、自分で負担する費用が多いところ、歯を削る面積が多いところです。

 

まず、脆さについてですが、セラミックは陶器などを作る際に使用する素材でできているため、金属などの頑丈な素材に比べると、衝撃に弱く、割れやすいのです。そのため、セラミックはある程度の厚さが必要になります。頑丈にするためにはある程度は、歯を削らなくてはなりません。削ってしまった歯は二度ともとに戻ることはないので、セラミックを受ける際はそれによるリスクもふまえて慎重に考える必要があります。

セラミックに比べて金属で厚さも必要もない銀歯は、それほど歯を削る必要がありません。

 

そして最大のデメリットは、費用が高額という点です。セラミックは保険対象外であるため、自費診察となってしまいます。価格の相場として1本8万円から16万円と、数本でかなりの高額になってしまいます。クリニックによって価格帯も異なりますが、あまり安いクリニックで行うと、クオリティに問題があったり、歯や歯茎を痛める心配もあります。ある程度の値段は覚悟をして、自分にあうクリニックを見つけてください。

掲載日:

CATEGORY