痩せる?!置き換えダイエットを成功させる「あの」食材とは

最終更新日:
痩せる?!置き換えダイエットを成功させる「あの」食材とは

バナナダイエット、

グラノーラダイエット、

ブラックコーヒーダイエット、

キャベツダイエット…

 

いろいろ試してきたけど、全然痩せない。

 

もしくは、痩せたは痩せたけど、すぐにリバウンドしてしまった。

 

あなたも思い当たる節がありませんか?

 

その失敗の理由、もしかしたら「選んだ食べ物」が間違いかもしれません。

 

だれしも一度は試したことある置き換えダイエットは、

 

「どの食品で行うか」

「どのように行うか」

 

が勝敗を分けます。

 

ただやみ雲に一食を置き換えるだけでは、

痩せないだけでなく、代謝が落ちて「痩せにくい体」になってしまう可能性も。

 

本日は、今度こそ成功する置き換えダイエットのコツをご紹介したいと思います。

置き換えダイエットってなに?

置き換えダイエットのコツをご説明する前に、

まずは置き換えダイエットがどのようなものかをお話ししたいと思います。

 

置き換えダイエットとは、

1日3食のうち、1~2食を特定の食品に置き換えるというものです。

 

朝食をバナナに置き換える「朝バナナダイエット」

その分かりやすい例かもしれません。

 

巷ではさまざまな置き換えダイエットが存在します。

 

前述したダイエット以外にも、

さまざまな置き換えダイエットが現れては消えていきました。

 

中には自分独自の「置き換えダイエット」をしている方も多いかもしれませんね。

置き換えダイエットは成功しない?

こういった置き換えダイエット、

ひと通り試してみたけど、どれも成功しなかった、という方も多いかもしれませんね。

 

それもそのはず。

 

置き換えダイエットは、ある意味「邪道」です。

 

3食をバランスよくコントロールし、

適切な運動を行うダイエット法こそが王道であって、合理的に痩せられる方法。

 

置き換えダイエットは、

成功こそすればしっかり痩せることができますが、

失敗も多い、ある意味「禁じ手」のようなダイエット法なのです。

置き換えダイエットで失敗する理由は「代謝の低下」?

では、置き換えダイエットで失敗しやすい理由とは

一体なんなのでしょうか。

 

それは、「基礎代謝が下がりやすい」ということです。

 

基礎代謝には、

ビタミン・ミネラル・たんぱく質・炭水化物といった、

種々の栄養素が必要不可欠。

 

置き換えダイエットをすることで、

栄養素のバランスが崩れて代謝が悪くなってしまうと、

痩せるどころか、どんどん太りやすい体質になってしまいます。

 

今まで置き換えダイエットで失敗してしまった方は、

栄養素の不足による「代謝の低下」が原因だったのかもしれません。

置き換えダイエットのコツは「たんぱく質を欠かさない」こと

置き換えダイエットをすることで不足してしまいがちな

栄養素はいろいろありますが、中でも断トツは「たんぱく質」

 

・バナナダイエット

 

・トマトダイエット

 

・クッキーダイエット

 

・コーヒーダイエット

 

こういった食材に決定的に不足しているもの、それは「たんぱく質」です。

 

たんぱく質は、筋肉の材料となります。

基礎代謝を上げるのに必要不可欠なものです。

 

人間の体のほとんどは水とたんぱく質でできているので、

たんぱく質をしっかりと摂らなければ生存することができません。

 

そんな重要なたんぱく質ですが、実はかなり不足しやすい栄養素のひとつ。

 

ダイエットをしていなくとも、

ほとんどの女性は十分な量のタンパク質を摂取できていない

と言われています。

 

ダイエットをしてしまったら、

たんぱく質の摂取量はさらに減ってしまうので、深刻なたんぱく質不足に陥ってしまうことになります。

 

つまり、置き換えダイエットの鉄則は、

とにもかくにも「たんぱく質を欠かさない」ということ。

 

そのため、バナナやトマトではなく、「たんぱく質の多い食品」を選ぶことが必須条件です。

 

しっかりたんぱく質を補給することで、

代謝を上げ、痩せやすい体質を目指すことができます。

「ブロッコリー」が置き換えダイエットの味方?!

「ブロッコリー」が置き換えダイエットの味方?!

しかし、「たんぱく質の多い食品に置き換える」だけではまだ不十分です。

 

実は、まだもう一つ大きな課題があったのです。

 

たんぱく質食品の多くは、

「ビタミンCや食物繊維が少ない」という傾向があります。

 

たんぱく質食品ばかり取っていると、今度はビタミンCや食物繊維が足りなくなってしまいます。

 

代謝を上げるには、さまざまな栄養素をバランスよく摂る必要があります。

 

ただやみくもにたんぱく質ばかり摂っていても、

ビタミンCや食物繊維が欠けていると、体は壊れてしまいます。

 

なにごとも、バランスが大事なのです。

 

ここで登場するのが「ブロッコリー」

 

ブロッコリーは「ビタミンC」や「食物繊維」の含有量が、

他の野菜と比べてもずば抜けて多いという特徴があります。

 

そんなブロッコリーは置き換えダイエットの大きな味方。

 

置き換えダイエット中は、

ブロッコリーを積極的に取り入れることで、栄養不足のリスクを抑えることができるのです。

「たんぱく質食品」+「ブロッコリー」の2品ダイエットがおすすめ

「たんぱく質食品」+「ブロッコリー」の2品ダイエットがおすすめ

つまり、

「たんぱく質食品」+「ブロッコリー」という組み合わせが、

置き換えダイエットを成功させる大きなポイントです。

 

巷の置き換えダイエットが成功しづらい理由、

それは、「単品」に絞っているということです。

 

バナナにしろ、トマトにしろ、

一品だけを食べ続けるのではどう頑張っても栄養素が偏ってしまいます。

 

その栄養素の偏りが、「痩せにくい体」を作り出してしまう原因となり得ます。

 

しかし、たんぱく質食品とブロッコリーという2品の食材の組み合わせなら、

単品よりいろいろな栄養素を網羅することができます。

 

そうすることで、

基礎代謝をあげるために必要な栄養素をしっかり摂り、「痩せやすい体」を目指すことができるのです。

置き換えダイエットおすすめ食材一覧

ここからは、どういったたんぱく質食品が

置き換えダイエットに向いているかをご紹介したいと思います。

 

これを参考に、

どの食材で置き換えダイエットを始めるか考えてみましょう。

置き換えダイエットおすすめ(1) 「卵」+「ブロッコリー」

まずおすすめしたいのが、「卵」

 

卵は「完全食」という異名を持っています。

さまざまな栄養素をたっぷり含んでいるので、健康的に痩せたい女性にはうってつけです。

 

豊富な動物性たんぱく質に加えて、

ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE 、亜鉛、鉄などの

さまざまなビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

 

お腹にもたまりやすいので、置き換えダイエットにぴったりです。

 

卵というと、

「なんだか太りやすそう…」

というイメージがある方もいるかもしれませんが、実はその逆。

 

一日3個程度のたまごを毎日食べることで、

基礎代謝が上がったり、コレステロール値が下がると言われているのです。

 

そんな卵に唯一足りていないのが「ビタミンC」「食物繊維」

ブロッコリーをプラスしてあげることで、

栄養素をコンプリートしましょう。

 

置き換えダイエットおすすめ(2) 「チーズ」+「ブロッコリー」

置き換えダイエットおすすめ(2) 「チーズ」+「ブロッコリー」

続いてのおすすめは「チーズ」

 

チーズは、20g作るのに、約200gの牛乳が必要と言われています。

そのため、牛乳の栄養素が凝縮された素晴らしい食材なのです。

 

動物性たんぱく質はもちろんのこと、

ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、ミネラル類など、

様々な栄養素を豊富に含んでいます。

 

特筆すべきは「カルシウム」

意外と知られていないのですが、カルシウムは体重増加を抑える働きがあります。

カルシウムは日々消費されてしまうので、

積極的に補うことで太りづらい体になります。

 

チーズは脂肪分が多いので、ダイエットの敵というイメージですが、

チーズに含まれる脂肪分は「短鎖脂肪酸」という、体に蓄積しにくい油

 

むしろたんぱく質のためにも、積極的に摂りたい食材なのです。

 

カロリーを少しでも抑えたい場合は、

モッツァレラチーズカッテージチーズなどの

脂肪分が少なめのチーズを選ぶと良いかもしれません。

 

日によってチーズの種類を変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

卵と同じく「ビタミンC」と「食物繊維」が欠けているので、

ブロッコリーと一緒に食べましょう。

置き換えダイエットおすすめ(3) 「大豆製品」+「ブロッコリー」

置き換えダイエットおすすめ(3) 「大豆製品」+「ブロッコリー」

最後にご紹介するのは「大豆」です。

 

大豆は「畑の肉」と言われていることからも分かる通り、

たんぱく質を豊富に含んだ食材のひとつです。

 

ビタミンB群、ビタミンE,、カリウム、マグネシウム、カルシウムなど、

豊富な栄養素を含んでいます。

 

また、大豆には大豆特有の栄養成分を含んでいるのが特徴。

 

細胞の材料である「大豆レシチン」

善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」

女性ホルモンに似た作用をする「大豆イソフラボン」

 

といった栄養成分が含まれているため、

ダイエットをしながら、美肌効果も期待することができます。

 

幸いなことに、

ここ日本にはさまざまな大豆食品があります。

 

納豆、豆腐、水煮などをはじめとして、

最近では「大豆粉パン」「大豆粉パスタ」などの変わり種も。

 

日によって異なる大豆製品を食べることで、

飽きずに置き換えダイエットを続けることができます。

 

大豆には、食物繊維は豊富ですが、

ビタミンCはほとんど含まれていないのでブロッコリーで補いましょう。

置き換えダイエットを行う上での注意点

置き換えダイエットにおすすめな食材を3つご紹介しました。

興味があるものは見つかりましたでしょうか?

 

ここでご紹介した食材以外でも、

たんぱく質食品なら置き換えダイエットに適しているので、

ぜひご自身の好みにあった食材で始めてみましょう。

 

さて、置き換えダイエットを始める前に、いくつか注意点を。

 

置き換えダイエットは少し過激なダイエット法なので、

(1)置き換えるのは1食まで

まず気を付けたいのが、「置き換えるのは1食まで」ということ。

 

早く痩せたいからと言って、

一日2食も置き換えてしまったら、栄養不足に陥りやすくなります。

 

栄養不足は太りやすい体を作ってしまうので、

必ず、1食までに抑えましょう。

(2)他の2食は糖質や脂質もしっかり摂る

タンパク食品やブロッコリーは

「糖質」「脂質」が控えめです。

 

その分、残りの2食はいつも通り

糖質や脂質を含んだ食事を摂ってください。

 

ダイエットの敵だとよく言われる糖質・脂質ですが、

人間の健康に欠かせない栄養素のひとつです。

 

やはり適量は摂るようにしましょう。

(3)たまには食材を変える

「特定の食材だけを食べる」というのは、どうしても栄養が偏りがちです。

 

「大豆製品」「チーズ」「卵」などを、

期間で分けてローテーションするのも良いかもしれません。

 

そうすることで、飽きずにダイエットを続けられるというメリットもあります。

まとめ

さて、今回は「置き換えダイエット」についてご説明しました。

 

置き換えダイエットで常に注意したいのは

「栄養素の偏り」。

 

代謝を上げるためだけでなく、

美しい肌や体の健康をキープするためにも、栄養バランスはとても大事。

 

置き換えダイエットを行う際は、

「どうすれば栄養素のバランスを保てるか」ということを

常に念頭においてください。

 

そうすればきっと、効率的に痩せることができるはずです。

 

<参考URL>

・macaroni https://macaro-ni.jp/10630

・たまごの丸金 https://www.malucane.co.jp/egg_pedia/eiyo/1-1.html

・MORINAGA https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=10&category=beauty

・大塚製薬 https://www.otsuka.co.jp/cmt/column/nutrition_laboratory/118/

 

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY