あなたは大丈夫?デリケートゾーンはどうしてニオうの?

最終更新日:
あなたは大丈夫?デリケートゾーンはどうしてニオうの?

夏になると特に気になる自分のニオイ…。

 

海やプールに行って薄着になったり、ムレる生理の時だったり、自分のデリケートゾーンのニオイが気になってイベントをちゃんと楽しめない!なんてこともあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、特に気になるデリケートゾーンのニオイの原因をご紹介し、自宅でできるケア方法もお伝えしていきます。

ニオイの原因になっているのは?

自分のニオイだとあまり気が付かず、簡単に友達に相談できないのもデリケートゾーンの悩みです。

 

みなさん口にはしないだけで、意外にも多くの人がデリケートゾーンに関する悩みを抱えています。

 

そもそも、デリケートゾーンのニオイの原因はなんなのでしょうか。

 

女性のデリケートゾーンのニオイの一番の原因は「ムレ」からきています。

ニオイの根本は、下着が蒸れることによって雑菌が増殖することです。

 

さらに、汗や尿、生理中の経血、おりものなど雑菌の栄養となってしまうものが付着しているとさらにニオイは増し、デリケートゾーンは蒸れてしまうのです。

 

では、この雑菌の栄養価になっているおりものとは何でしょうか。

おりものって何?

おりものとは子宮や膣、汗などの分泌物が混ざり合った透明から白濁した粘り気のある液体をさします。

 

女性ホルモンの分泌とおりものには深い関係性があるので、おりものによって、自分の体調や体で起こっていることを判断する材料にもなります。

 

排出される目的は、膣に雑感が入るのを防ぎ、精子をきちんと子宮に届ける手助けをしているためです。

 

少し酸っぱいようなニオイを感じる方もいるかもしれません。

 

これは、雑菌が繁殖するのを防ぐために膣内に発生している乳酸のニオイなのです。

しかし、その酸っぱいニオイこそ健康な証といえるでしょう。

 

また、生理周期と同じで1ヶ月弱で繰り返されているため、おりものが透明で少しとろみのある状態になってきたら、それは排卵日のサインです。

 

排卵日が終わると一度おりものの量は減り、それが増加していくとそろそろ生理が始まるサインとなります。

 

その頃には、白濁色でどろりとした状態に変化し、少しニオイが鼻につくとこも多くなります。

こうして生理の日程や、自分の体内の状態を確認できる役割もあるのです。

 

そして、分泌量は年齢によって異なってきます。

女性ホルモンとおりものは深い関係性にあるので、女性ホルモンが多く分泌されている20~30代には、おりものの量も比例して多くなるのです。

 

おりものシートの使い方

おりものシートとは、その不快感や下着への付着物、「おりもの」の酸っぱいようなニオイや、ムレを防ぐために使用するものです。

 

おりものシートを利用するほかに、ウォシュレットを利用される方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、ウォシュレットの使いすぎもニオイの原因につながってしまうのです。

 

長時間トイレにいくことができず、おりものシートを付けっぱなしにしたり、ウォシュレットを使いすぎたりすると逆効果で、細菌性膣炎を起こしてさらに雑菌が繁殖してまうので注意が必要です。

 

自宅でのケアの仕方

自宅でのケアの仕方

まず、自宅でのデリケートゾーンのケアとしてできることは直接的なニオイの原因となっている膣内の残留物や分泌物を取り除くことです。

 

具体的には、汗、尿、経血、おりものなどをさします。

そして表面だけではなく、膣内部も清潔にしてください。

 

ここで1つ注意が必要です!

通常の体に使用しているボディーソープを利用すると、膣への刺激が強すぎるため、肌トラブルを起こす原因にも繋がります。

 

そこで、デリケートゾーン専用のケア商品である、ジャムウパック、ジャムウ石鹸を使うと良いでしょう。

 

ここで洗い方にも注意が4点あります。

 

1.爪を立てて洗わないこと

2.泡だてた石鹸で使うこと

3.膣内は刺激を受けやすいので、優しく洗うこと

4.ナイロンタオルなどの化学合成繊維でこすらないこと

 

これらを意識して、洗うとニオイの原因の解決につながります。

 

また、はじめのうちはおりもの量が増加したように感じる場合もありますが、膣内にたまっていたカスが出てきているだけなので心配はありません。

掲載日:

CATEGORY