ハイドロキノンの使用は注意が必要?使用する際の注意点

最終更新日:
ハイドロキノンの使用は注意が必要?使用する際の注意点

見た目年齢を大きく左右する「シミ」

 

そんなシミに対する有効成分として有名なのが、「ハイドロキノン」

一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ハイドロキノンは、

皮膚科で処方してもらえる、シミの治療薬

 

その強い美白作用から、

濃いシミや肝斑などの改善が難しいシミの治療にも使われます。

 

そんなハイドロキノンは、

2001年に化粧品に配合することが認められました。

 

そのおかげで身近な存在になったハイドロキノンですが、

実はけっこうクセのある成分。

 

「これから使おうかな…」と考えている方は、ちょっと待って!

 

購入する前に、まずこの記事を読んでください。

本日はハイドロキノンの特徴と、その注意点についてご説明します。

ハイドロキノンは、現像液から生まれた薬

今や美白成分として有名なハイドロキノン

 

強い還元作用があるので、もともと写真の現像液に使われていました。

 

現像にたずさわっていた人の手が白くなったことから、たまたまその美白効果が見つかり、一躍話題に。

 

薬として認可されて以来、

世界的に「ブリーチと言えばハイドロキノン」と言われるほどになり、

日本でもシミの治療薬として使われてきました。

ハイドロキノンは「シミの漂白剤」

ハイドロキノンには、強い美白作用があります。

 

その効果は、他の追随をゆるさない最強レベルのパワーです。

 

一般的な美白成分は、「シミができてしまわないように防ぐ」ものがほとんど。

 

しかし、ハイドロキノンはその効果に加えて、

「できてしまったシミを薄くする」という効果も兼ね揃えています。

 

その効果はとても強力で、「シミの漂白剤」と呼ばれるほど。

 

肝斑や、濃いシミと言った、

普通の美白クリームでは改善が難しいタイプのシミにも使用されます。

 

メラニンの生成を予防する効果にいたっては、

美白成分として有名な「アルブチン」のなんと100倍とも言われています。

ハイドロキノンのメカニズムとは?

さて、ハイドロキノンには

「シミを予防する効果」「シミを薄くする効果」の2つを兼ね揃えていると申し上げましたが、いったいどのような仕組みでアプローチするのでしょうか?

 

そのメカニズムをご説明したいと思います。

 

まずは、ハイドロキノンの「シミを予防する効果」についてお話しします。

 

肌にはチロシンという無色の物質があって、

それを「チロシナーゼ」という酵素が酸化させると、

茶色いメラニン色素に変化します。これがシミの原因です。

 

ハイドロキノンは、そのチロシナーゼのはたらきを抑制

そうすることで、シミができてしまうのを防いでくれます。

 

つづいて、「シミを薄くする効果」についてです。

 

メラニン色素ができてしまうのは、チロシナーゼによる「酸化」が原因。

ハイドロキノンは、酸化してしまったメラニン色素を還元(元に戻す)する作用があります。

そうすることで、できてしまったシミが薄くなるのです。

今までは病院でしか処方してもらえなかったハイドロキノン

そんな強力なパワーを持つハイドロキノンですが、

前述の通り、本来はシミを治療するための「お薬」です。

 

化粧品ではありませんでした。

 

お医者さんからの処方でないと手に入らないもので、

気軽に買うことができるようなものではなかったのです。

 

しかし、2001年に薬事法が改正され、規制が緩和されると、

メーカーが責任を負うという条件のもと、化粧品への配合が認可

 

それ以来、化粧品にハイドロキノンが配合されるようになり、

病院に行かなくても気軽に手に入るようになりました。

 

現在、日本では2%までの濃度までなら

ハイドロキノンを化粧品に配合されることが認められています。

 

それ以上の濃度の場合は、病院での処方が必要になります。

効果がパワフルな分、副作用やデメリットも

効果がパワフルな分、副作用やデメリットも

もともと薬として使われているハイドロキノン。

 

効果が強いものには必ず「副作用」「デメリット」が伴います。

 

ハイドロキノンを使用する前に、

まずはそういったマイナス面も把握しておく必要があります。

ハイドロキノンのデメリット(1)酸化しやすくて不安定

ハイドロキノンのデメリットとして、

まず「酸化しやすい」という点が挙げられます。

 

ハイドロキノンは、気温、光、酸素、時間の経過などの影響を受けやすく、簡単に酸化してしまいます。

 

ハイドロキノンが酸化すると、

「ベンゾキノン」という物質に変化してしまいます。

 

ベンゾキノンはとても刺激が強い物質なので、お肌にとって負担となってしまいます。

ハイドロキノンのデメリット(2)高濃度で使うと「白斑」の可能性も

クリニックなどで処方されるハイドロキノンの濃度は、約5パーセント。

 

この程度の濃度ならあまり心配する必要はありませんが、

これよりもさらに高濃度のハイドロキノンを使用することで、

最悪の場合「白斑」「色素沈着」が起こってしまうこともあります。

 

日本製の化粧品でそこまで高濃度のハイドロキノンは販売されていないはずですが、

海外から輸入したハイドロキノンのクリームは濃度が高いこともありますので、

厳重な注意が必要です。

ハイドロキノンのデメリット(3)日焼け止めの併用が必須

前述の通り、ハイドロキノンはとても酸化しやすい物質。

 

特に注意すべきは「紫外線」です。

ハイドロキノンを塗ったまま紫外線を浴びたことで、

ハイドロキノンが刺激物質に変わってシミが余計に濃くなってしまうこともあります。

 

そのため、ハイドロキノンを使用する際は、必ず紫外線対策を行う必要があります。

ハイドロキノンを使用する前に覚えておきたいこと

このように、ハイドロキノンには様々なデメリットやリスクはありますが、

美白効果が優れているということはたしかです。

 

「多少のリスクを負ってでも、ハイドロキノンを使ってみたい!」

 

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そういった方のために、

ハイドロキノンを使用する際の「心得(こころえ)」

をお話ししたいと思います。

ハイドロキノンを使う際の心得(1)医者に処方してもらうのがベター

ハイドロキノンを使用する際は、化粧品という選択肢もありますが、

できればお医者さんに処方してもらった方がベターです。

 

病院で処方してもらった場合、

お医者さんから使用法などの注意点を詳しくアドバイスしてもらうことができますし、

定期的に通うことで経過などを診てもらうこともできます。

 

なにか異変があったときにすぐに相談できるというのも大きなメリットです。

ハイドロキノンを使う際の心得(2)高SPFの日焼け度めを使用する

先ほども述べた通り、

ハイドロキノンは紫外線に対して大変不安定な特徴があります。

 

そのため、ハイドロキノンを使用は夜だけにしておいたほうが安全でしょう。

もし日中も使用するという場合は、日焼け止めの使用が必須です。

 

また、SPF10などの数値が低い日焼け止めではなく、

紫外線防御効果の高い日焼け止めを使用するのがおすすめです。

ハイドロキノンを使う際の心得(3)他に選択肢がないか考える

ハイドロキノンが美白効果が高いのはたしかですが、

ハイドロキノン以外の美白ではダメなのか、視野を広げて見てみることも必要です。

 

ハイドロキノン以外にも、

コウジ酸フェニルエチルレゾルシノールなど、

様々な美白成分があるので、そういったものを考慮に入れてみるのも良いかもしれません。

 

また、レーザーによるシミ治療という選択肢もあります。

濃いシミにも対応しているので、

本当にお悩みの方はクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

本日は「ハイドロキノン」の特徴と注意点についてお話ししました。

 

検討されているという方は、ご参考になれば幸いです。

 

ハイドロキノンの使用については、

一度お医者さんに相談してみると良いかもしれません。

 

<参考URL>

・スキンケア研究所 http://www.drx-web.com/bihada/seibun/hydroquinone.htm

・All About Beauty https://allabout.co.jp/gm/gc/454281/

・こころ皮フ科クリニック http://cocoro-hihuka.com/hydroquinone.html

・melc https://lantelno.jp/melc/hydroquinone-effect/

 

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY