【あれ、風邪かな・・?】引き初めに摂りたいサプリメント5選

最終更新日:
【あれ、風邪かな・・?】引き初めに摂りたいサプリメント5選

「あれ、なんだか喉がイガイガ…」

「軽い咳が出始めた…」

「ちょっと熱っぽくてだるい…」

 

体調を崩している暇もない現代人にとって、突然の風邪は本当に厄介。

そんなとき、一刻も早く治そうと風邪薬に頼っていませんか?

 

どうしてもつらいときは薬を使うのも必要ですが、体の負担を考えるとできるだけ頼りたくないもの。

 

そんなときは、まずサプリメントを摂って養生するのがオススメ。

風邪の引き始めだったら、しっかり栄養を補給することでそれ以上の悪化を防げることがあります。

 

本日は、風邪の引き初めに摂りたいサプリメントをご紹介します。

風邪薬で風邪は治せない?

「なんだか風邪っぽいから、風邪薬を飲んで早く風邪を治さないと…」

そういって、すぐに風邪薬に頼ってしまう方はとても多いですよね。

 

しかし、「風邪薬は風邪を治すことはできない」ということをご存知でしたか?

 

風邪薬に期待できるのは、鼻水・咳・のどの痛み・熱などを一時的に抑える、「対症療法」です。

風邪ウイルスをやっつける効果はないので、風邪薬を飲んだからと言って、早く風邪が治るとは言えません。

 

本当の意味で風邪を治してくれるのは、自分の体が本来持っている「自然治癒力」のみです。

風邪薬は飲まないほうが良い?

そうなると浮かび上がってくる疑問が、

「それなら、風邪薬は飲まないほうが良いの?」ということ。

 

しかしこれに関しては、「状況次第」としか良いようがありません。

 

たとえば、咳や鼻水が、あまりにも辛いとき。

ずっと長引かせておくと、体力を消耗してしまい、余計に炎症を悪化させてしまう原因になってしまうこともあります。

根本治療ではありませんが、風邪薬を飲んで症状を一時的に鎮めてあげることで、それ以上の体力消耗を防ぐことができます。

 

また、解熱剤に関しては、せっかく体が体温を上げて菌と戦っているのを妨げてしまうので、できるだけ飲まないにこしたことはありませんが、

39度を超えるような高熱でどうしても苦しいときは、解熱剤に頼って症状を緩和するというのも一つの手段です。

 

症状があまりにもひどい場合や長引く場合は、風邪ではない何かのウイルスにかかっているかもしれないので、病院を受診するようにしましょう。

風邪の引き初めはサプリメントを

「まだ本格的な風邪にまで至っていない」

「まだ薬を飲むほどでもない」

 

そんなときは、まずは栄養をしっかり補給して休むことが大切。

 

特に、サプリメントは風邪の引き初めの強い味方。

滋養をつけることで、風邪がそれ以上悪化してしまうのを防ぐ可能性もあります。

 

ここからは、風邪かな?と思ったときにぜひ摂りたいサプリメントをご紹介したいと思います。

風邪におすすめなサプリメント(1)マルチビタミン

突然ですが、「ビタミン」ってどんな栄養素のことを指すかご存知ですか?

 

良く聞く単語ではあるけども、ビタミンが一体どんなものなのか分からない、という方も少なくないかもしれませんね。

ビタミンとは、生命活動において欠かすことができない微量栄養素のことで、体内では作られないため外部から必ず摂取する必要があります。

 

これらが不足してしまうと、人間は健康に生きていくことができません。

それくらい、ビタミンというものは体にとって必要不可欠なものなのです。

 

ビタミンには、様々な種類があります。

 

・ビタミンA

・ビタミンB1

・ビタミンB2

・ナイアシン

・パントテン酸

・ビタミンB6

・ビタミンB12

・葉酸

・ビオチン

・ビタミンC

・ビタミンD

・ビタミンE

・ビタミンK 等

 

これらのどれかが不足しているだけでも、体は正常に働かなくなってしまいます。

でも、こんなにたくさんあると一体自分にどれが不足しているのかなんて分からないですよね…。

 

そこでオススメなのが「マルチビタミン」

 

あらゆるビタミンが絶妙なバランスで配合されているので、しっかりと健康の基礎固めを行ってくれます。

 

ビタミンは、健康を保つうえでの必須項目。

まずはマルチビタミンを飲んで土台を整えましょう。

風邪におすすめなサプリメント(2)金時しょうが

風邪におすすめなサプリメント(2)金時しょうが

風邪を引いたときにぜひ摂って頂きたいのが「金時しょうが」のサプリメント。

 

金時しょうがは、愛知県や静岡県などを主な産地とする、しょうがの一種です。

「ウルトラしょうが」という通称で一躍話題になったので、ご存知の方もいらっしゃるのでは?

 

金時しょうがの特徴は、普通のしょうがに比べて「ショウガオール」「ジンゲロール」「ガラノラクトン」等の栄養素がはるかに多いということ。

痛みや腫れを抑えたり、血行促進する効果などがあると言われています。

 

また、体の底の冷えを取り温めてくれるので、

免疫力を高めて風邪ウイルスをやっつけるのを手助けしてくれます。

 

引き初めに飲むことで「悪化せずにすぐ良くなった」という方もいらっしゃるようです。

金時生姜は、顆粒、錠剤、粉末、カプセル、液体などさまざまな形状で売られています。

 

顆粒や粉末ならお味噌汁や料理に入れることもできます。

忙しくて料理に混ぜる手間も惜しい、という方は錠剤やカプセル状のものを選ぶと良いかもしれません。

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY