意外とみんなできてない?!お口のトラブルを大幅に軽減するオーラルケア

最終更新日:
意外とみんなできてない?!お口のトラブルを大幅に軽減するオーラルケア

みなさんは「お口のトラブル」にお悩みではありませんか?

 

呼吸をしたり、食べたり、飲んだり、話したり…

 

1日中休むことなく動いている口は雑菌が繁殖したり、虫歯になるなどトラブルが付きものの部位となります。

 

特に、気が付かないうちに進行しているといわれている「歯周病」ですが、今では若者が発症するケースも少なくありません。

 

さらに、気が付いたときには既に悪化した状態であることも多く、実に成人の約8割が「歯周病予備軍」であるといわれているそうです。。。

 

こうしたお口のトラブルは、日々のケアでリスクを大幅に軽減することができます!

オーラルケアとは?

オーラルケアとは?

「オーラルケア」とは…

むし歯の予防からブリーチングまでのあらゆるお口のケアの総称となります。

 

今回は「歯」「歯茎」「舌」の3つの部位に分けてケア方法などをご紹介できたらと思います!

歯のケアはできていますか?

歯のケアはできていますか?

まずは、「歯」についてです。

お口のトラブルの中でも、特に注意したいのが「虫歯」です。

 

虫歯とは…

ミュータンス菌などのむし歯原因菌が出す酸によって、歯のカルシウムが溶かされ、歯がもろくなり、ついには穴が開いてしまうことです。

 

悪化してくると、生活に支障をきたすほどの痛みを伴い、集中力が欠けたり、ご飯さえも食べられなくなってしまいします。

 

クリスマスやお正月は、長期休暇などでついつい夜遅くまで食べてしまっていることも多いですよね!

食べた後は、しっかりと歯を磨くように心がけましょう!

 

ここで、虫歯チェックをしてみましょう!

 

【チェック】

□冷たい食べものや飲み物がときどき歯にしみる。

□甘い食べものや飲み物が歯にしみることが多い。

□歯に食べものがよくはさまる。

□1日に1度も歯磨きをしないこともよくある。

□定期健診は受けていない。

□温かいものが強くしみて、その後は痛みが長く続くことがある。

□自然に歯が痛むことがよくある。

□歯に黒っぽい変色があり、徐々に広がっている。

□痛みはないが穴のあいている歯がある。

(歯の病気と健康ホームページ 参考)

 

いかがでしたか?

 

これらのチェック項目のうち、上5つのいずれかに当てはまれば要注意レベル下4つのいずれかに当てはまれば危険レベルとなります。

 

危険レベルにチェックがあった方は、既に虫歯が進行してしまっている可能性が高いので、早めに歯科医院で受診していただくことをおすすめします。

歯茎のケアはできていますか?

歯茎のケアはできていますか?

続いては「歯茎」についてです。

ここで注意したいのが「歯周病」です。

 

歯周病とは…

細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことで、歯茎が赤く腫れたりします。

 

歯周病は生えている歯にまで影響を及ぼし、抜歯につながる恐れがある病気です。

初期にはほとんど自覚症状がないため、悪化しやすく、注意が必要です。

 

では、歯周病チェックをしてみましょう!

 

【チェック】

□歯を磨くとよく出血する。

□歯茎が痩せてきたような気がする。

□歯茎が充血し、赤みを帯びていることがある。

□最近、歯が長くなってきたような気がする。

□歯のすき間が大きくなり、出っ歯のようになってきた。

□自分でも確認できるほど、歯がグラグラしている。

□痛みと膿みを伴う歯ぐきの腫れを起こすことがある。

□肉体的・精神的ストレスの蓄積により、歯ぐきがよく腫れる。

□口臭があると他人から指摘を受けることがある。

(歯の病気と健康ホームページ 参考)

 

いかがでしたか?

 

上3つのいずれかに当てはまれば要注意レベル下6つのいずれかに当てはまれば危険レベルとなります。

 

危険レベルにチェックがあった方は、既に歯周病が進行してしまっている可能性が高いので、早めに歯科医院で受診していただくことをおすすめします。

舌のケアはできていますか?

舌のケアはできていますか?

最後は「舌」についてです。

ここで注意したいのは「口臭症」

 

口臭症とは…

生理的・器質的(身体的)・精神的な原因により、口臭に対して不安を感じる症状のことです。

これはその名の通り、口臭からくるもので、お口のケアが欠かせません。

 

口臭の原因は、舌の汚れや雑菌であることが意外と多いんです。

他にも、舌の健康状態によって歯茎や歯のトラブルにつながってしまうこともあります。

 

では、口臭症チェックをしてみましょう!

 

【チェック】

□生活が不規則になりがちである。

□食生活が乱れ、偏食になってしまうことが多い。

□唾液が出にくく、お口の中が乾燥しやすい。

□1日に1度も歯磨きをしないこともよくある。

□消化器系・耳鼻咽喉系疾患を有し、口内炎がよくできる

□過去に歯周病と診断されたが、放置したままで治療を受けていない。

□未処置の虫歯がある。

□口臭があると他人から指摘を受けることがある。

□お口の中がネバネバし、まずい味がすることが多い。

(歯の病気と健康ホームページ 参考)

 

いかがでしたか?

 

上5つのいずれかに当てはまれば要注意レベル下4つのいずれかに当てはまれば危険レベルとなります。

 

危険レベルにチェックがあった方は、既に口臭症が進行してしまっている可能性が高いので、早めに歯科医院で受診していただくことをおすすめします。

 

チェック結果は人それぞれ異なりますが、お口の状態を改善させるために行うべきオーラルケアについて見ていきましょう!

オーラルケアの方法

オーラルケアの方法

先ほどご紹介したお口のトラブルを回避するために、どのようなオーラルケアをしていけば良いのでしょうか…

 

まずは「歯磨き」

この歯磨きで大切になってくるのは「優しく」行うことです。

力任せに磨かず、ブラシの当て方や磨くタイミング、回数を工夫することがとても重要です。

 

ここでは、特に汚れやプラークのたまりやすい場所について見ていきましょう!

 

◎歯と歯の間

◎歯と歯茎の境目

◎奥歯のかみ合わせ

◎一番後ろの歯の奥の面

 

これらの場所は特に念入りに磨く必要があります。

 

また、歯ブラシでは落としきれなった歯と歯の隙間の汚れを落とすには「デンタルフロス・歯間ブラシ」を使いましょう。

歯と歯の隙間が狭い人には、デンタルフロスがおすすめです。

狭い隙間でも、糸さえ入れば汚れをかき出すことができます。

 

それに対して、歯と歯の隙間が広い人には、歯間ブラシがおすすめ。

広い隙間にぴったりとブラシの部分があたり、きれいに磨くことができます。

太さや長さの種類も豊富なので、自分に合ったものを選んでみてください!

 

仕上げに、お口全体をリフレッシュさせるには「マウスウォッシュ」を使いましょう。

 

マウスウォッシュは医薬品ではありませんが、口の中の雑菌を殺して、虫歯や歯周病、口臭をケアする働きがあります。

 

そのため、リフレッシュするだけでなく、お口トラブルの予防という面でも非常に大きな効果をもたらします。

 

次はそんなマウスウォッシュの正しい使い方についてご説明いたします。

 

まず、歯垢は先に取っておきましょう。

 

マウスウォッシュをすれば、歯を磨いたのと同じ効果があるわけではありません。

あくまで最後の仕上げとなりますので、原因菌を少しでも減らしてから使用する方が最も効果的且つ効率的です。

 

また、余裕があれば、舌苔も掃除しておくと良いでしょう。

舌にこびりついた白い苔状のものを「舌苔(ぜったい)」と呼び、舌苔には菌や汚れが付着している可能性が高いです。

 

最後に、当然ながら歯ブラシやマウスウォッシュ後の飲食は控えるようにしましょう。

また口内に出血や炎症などが見られる場合は注意しながらケアを行ってください。

 

今回ご紹介したもの以外にも、「歯磨きガム・タブレット」や「舌ブラシ」などといった便利アイテムがたくさん存在します。

 

自分に口内環境や生活リズムに合ったアイテムを見つけて、お口の中の環境を常に整えておくようにしましょう!

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY